情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

花粉症のレーザーの副作用は?実は症状が軽減する方法もあるんです!

      2016/03/10

花粉症のレーザー治療の費用は?2

花粉症の症状を軽減する方法として、鼻にレーザー治療を受けるという方法があります。

花粉症の鼻レーザー治療は、鼻の粘膜にレーザーを照射することで粘膜の表層部分で起こるアレルギー反応を抑えるという治療法です。

スポンサーリンク

 

■花粉症のレーザーの副作用はあるの?

○花粉症のレーザー治療とは?

花粉症のレーザー治療の費用は?4

この治療法はアレルギー体質を変えることは出来ませんが、鼻で起こるアレルギー反応の鼻づまりやくしゃみ、鼻水を軽減出来るので、花粉症の時期に症状が強く出て仕事などに差し支える人や、通年性のアレルギー性鼻炎がひどい人、なるべく薬を使わずに花粉症を抑えたい妊婦さんなどにおすすめの治療法です。

■副作用はあるの?

○痛みは?

花粉症の鼻レーザー治療による副作用は、レーザー治療を受けた後に軽い痛みや出血があるくらいで、病院によっては痛み止めの薬を出して対応していることもあります。

花粉症のレーザーの副作用は?1

ちなみに手術中は麻酔を施してからレーザー照射をするので、手術中に痛い思いをすることは心配ありませんが、鼻の粘膜を変性させるため、焦げたような煙や刺激を感じることはあるようです。

○鼻の粘膜やかさぶたは?

他にこの治療による副作用は、手術後の2~3日は照射によって鼻の粘膜がむくむので鼻づまりが一時的に悪化します。

しかしこの一時的な悪化は、長くても1~2週間経てば良くなるのであまり心配しすぎないようにしましょう。

それから、手術を受けた後に鼻の粘膜にかさぶたが溜まりますが、これも2週間ほどで改善する副作用です。

花粉症のレーザーの副作用は?2

病院によっては、手術後に何回か診察を受けにくるように指示されますが、その診察時にはかさぶたの除去を行ったり術後の経過を診たりするので、不安なことがあれば医師に質問してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

○においはわかるの?

花粉症のレーザーの副作用は?4

花粉症の鼻のレーザー治療は、受けた後に臭いがわからなくなる副作用があるのではと心配する人がいますが、照射は嗅覚に関係がある場所とは違う所に行うので大丈夫だとされています。

まれにこの治療を受けてから臭いがわかりにくくなったという人がいますが、照射の影響で鼻づまりが酷くなったことによるもので、一時的なものであるため安心です。

■レーザー治療の効果は

花粉症の鼻のレーザー治療は、一度受けると個人差はあるものの、多くの人で1~2年ほどは効果が持続するとされています。

花粉症のレーザーの副作用は?3

この治療を受ける場合は、鼻の中にかさぶたが出来るなどの治療後の経過が落ち着くまでに1~2カ月かかるので、2月頃から活発になるスギやヒノキなどの花粉症に対応するには、前の年の年内に治療を受けておくのが良い方法と言われています。

■最後に

花粉症のレーザー治療の費用は?

この治療法は耳鼻咽喉科などで受けられるので、花粉症やアレルギー性鼻炎に悩んでいる人は実際に受けることを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク