情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

つるし雛の意味がわかると親心が改めて頭に浮かびます!

   

つるし雛を見たことがある方もいるのではないでしょうか。

つるし雛とは小さな人形をたくさん作り、それを全てつるしておくというものです。

つるし雛の人形は適当に作っているわけではなく、ちゃんと意味があるのです。

つるし雛の由来はなんと江戸時代頃までさかのぼります。

当時、雛人形は裕福な家庭以外ではなかなか手に入れることができないものでした。

そこで生まれたお子さんのためにお母さんやおばあちゃん、おばさんや近所の人まで総出でコツコツと小さな人形を作って、
それを持ち寄ってつるすことでつるし雛が完成しました。

つるし雛の人形はいろんな種類があり、それぞれに意味があります。

例えば犬はお産が比較的軽く、子供もたくさん生まれたりしますので子宝や安産、健康を祈って作られます。

また子守や厄除けの意味もあるとされています。

いのししも多産で子孫繁栄につながるとして縁起の良いものといわれており、猪の肉も無病息災の象徴とされています。

にわとりは長寿や健康、羽子板は悪いものを跳ね返す縁起物、這い子人形は赤ちゃんがハイハイをしている人形で、
ハイハイをたくさんして元気に育つようにという願いがこめられています。

他には鳩や春駒、鶏、ほおずきやニンジン、トウガラシ、亀や蝶、柿やかぼちゃ、かぶなどの食べ物も作られます。

つるし雛にはいくつかの種類があります。

一般的なのは吊るすタイプで、天井から直接吊るしたり、飾り台にかけて吊るしたりすることで下から吊るされている人形を見て楽しむことができます。

もう1つは台付きタイプで、台がありますからいろんな場所に置いて楽しむことができます。

雛人形のそばに置いて華やかさをプラスするのも良いでしょう。

吊るすタイプに比べて比較的小さめなので場所もとりません。

そして3つ目の種類が床置きタイプのものです。

木などで枠を作り、それを2つくっつけて本のように開けるようになっているのがこの床置きタイプです。

枠の中に人形が吊るすようにつけられており、白い壁の前に置いておくだけでパッと華やかな印象の部屋になります。

そして最も飾りやすいのがちびっこタイプです。

現代ではアパートやマンションなどの場合、飾れるスペースがないと悩む親御さんも多く、そういう場合に対応しやすいのがこのちびっこタイプです。

赤ちゃんのベッドのそばで飾ることもできますし、窓辺に吊るしておくこともできます。

場所を選ばないということで贈り物としても贈りやすいのがメリットです。