情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

ちらし寿司をひな祭りで食べる由来は実は食材にあるんです!

   

3月3日と言えばひな祭り。

桃の節句とも言いますが、日本では女の子が生まれるとその子が健やかに成長出来るようにお祝いするお祭りの日です。

しかし意外な事に、元々は女の子のお祭りという事ではなく、邪気の入りやすい季節の変わり目に穢れを祓う行事だったようです。

この風習は、古代の中国から日本へと伝わったものと考えられています。

そして、3月3日のひな祭りが女の子のお祭りの日と変わったのは江戸時代の事です。

現代では、雛人形や桃の花を飾り、ひなあられや蛤のお吸い物、また甘酒やちらし寿司等を家族や親戚で食べるのがひな祭りの習慣となりました。

ところで、ひな祭りの時に頂くちらし寿司には由来があったのだという事はご存知でしょうか?

ちらし寿司だけではありません。

実は、桃の節句の時に頂く全ての食べ物に由来が存在しているのです。

まず、蛤のお吸い物。これは仲の良い夫婦を表しています。

生まれてきた女の子が、一生1人の人と添い遂げられますようにという願いが込められているのです。

次にひし餅ですが、色鮮やかなひし餅はまさに女の子のお祭りに相応しい雰囲気ですよね。

この鮮やかな色には意味が込められています。

緑色が健康や長寿を表し、白は清浄を表し、ピンク色が魔除けを意味しているそうです。

この色の表す意味には諸説あるようですが、女の子が健やかに成長する事を願っている事には違いありません。

また、雛あられにも意味があります。

雛あられの緑、黄、白、ピンクの4色は1年の季節を表しています。

四季を通して1年間健康に過ごせるようにという願いが込められているのです。

さて、ではちらし寿司にはどんな由来が有るのでしょうか。

実はちらし寿司そのものというよりも、ちらし寿司に入っている具材の一つ一つに意味が有ります。

海老には長生きしますようにという意味、蓮根には先を見通せますようにという意味、豆には健康でまめに働けますようにという意味が有るのです。

この三つの食材だけでなく、三つ葉や菜の花、人参などの季節の野菜や彩りを良くするお野菜が良く使われています。

地域や家庭によってもそれぞれ使われている具材は違って来るようです。

こうして桃の節句の時の色々な食材の意味を知る事で、日本人の子供を大切にするという想いが伝わって来るのでは無いでしょうか。

次のひな祭りの時には、その由来を改めて噛み締めながらお料理を味わってみると温かい気持ちになれるかもしれませんね。