情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

雛人形の飾り方は京都と関東ではどのように違うのでしょうか?

   

よく雛人形の飾り方は関東と京都では違うといわれますが、具体的にはどういう所が違うのかを知っておきましょう。

一般的に販売されている雛人形の多くは関東雛といって向かって左側にお内裏様が座っています。

京都雛の場合はお内裏様は逆側の右側に座るのです。

この雛人形の飾り方の違いは京都雛が御所での玉座が右側であるということが基になっています。

昔からの伝統で身分が高くなればなるほど向かって右側に座るのが慣例でした。

しかし雛人形の飾り方まで変わってしまうほど座る場所の変化があったのには理由がありました。

それは大正天皇の時代に起こったのです。大正天皇の即位の礼の際、陛下は洋装をしていました。

そして西洋の流れを受けて国際的な儀礼である右側が上位ということを取り入れ、皇后陛下の右側に立ちました。

これが現在の京都雛と関東雛の雛人形の飾り方の違いにつながっているとされています。

明治天皇の時代から皇居は京都ではなく東京へとうつっていましたので、この右側が上位という考えは関東を中心に拡がっていったのです。
そして現在もそれが雛人形の飾り方として受け継がれています。

その他の飾り方などは同じです。

七段飾りであれば二段目に三人官女、三段目が五人囃子、四段目は随身といって左大臣と右大臣、五段目が仕丁、六段目と七段目には
それぞれ牛車やタンスなどの調度品が並びます。

左大臣と右大臣は向かって右側に左大臣が座ります。

同じ大臣でも左大臣のほうが身分が高いからです。

これに関しては京都雛の並び方と同じようになっています。

三人官女はお内裏様のお世話をする才女達です。

五人囃子は能楽の囃子方をかたどっており、随身の差大臣と右大臣は悪いものが近寄ってきても追い払ってくれる役目があります。

仕丁はお内裏様のお供をしたり、庭掃除などの雑用を御所でする役割があります。

顔には違いがあり、泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸の表情をしています。

これらには表情が豊かに育ってくれますようにという願いがこめられています。

最近では大きな雛人形を飾っておく場所がなかなかないということで、お内裏様とお雛様だけの親王飾りや三段飾り、
五段飾りなどの小さめサイズの雛人形もあります。

また京都雛と関東雛は飾り方だけではなく、人形の顔にも違いがあります。

京都雛は目が少し細めで独特のおっとりとした優しい顔立ちをしていますが、関東雛はどちらかといえば目鼻立ちがはっきりとしています。