情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?|家族と墓参りで心の洗濯を!

      2016/03/08

お彼岸の期間を、いつからいつまでと特定するには、わかりやすい見つけ方があります。

お彼岸には春彼岸と秋彼岸があり、それぞれ中日と呼ばれる春分の日と秋分の日を真ん中として、前後の3日間の期間を彼岸と言います。

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?6

彼岸の最初の日を彼岸の入りと言い、最後の日を彼岸明けと言います。

彼岸の入りから中日、彼岸明けにかけて7日間、つまりちょうど1週間となります。

スポンサーリンク

 

■春彼岸の入りがいつからか調べるには?

○春分の日を起点に前後3日間が彼岸です

春分の日と秋分の日は、太陽の運行状況が正式に分からないため、その年によってずれが生じることがあります。

国立天文台の計算上明確に判断できるのが2年後までですので、その年以降の正式な彼岸の時期は予測の計算となります。

2016年の春彼岸の入りがいつからか調べる場合は、中日にあたる春分の日を起点に前後3日間となりますので、春分の日を調べます。

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?1

2016年の春分の日は3月20日の日曜日となり、そこから3日前にあたる3月17日の木曜日が彼岸の入りとなります。

同様に春分の日を起点に3日後の3月23日の水曜日が彼岸明けとなります。

○仏壇やお墓を綺麗に整えておく

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?2e

家に仏壇やお墓があり先祖を祀っている場合は、できれば彼岸の入りの前日までに仏壇やお墓を綺麗に整えておいたり、お供え物を上げたりします。

2016年の春彼岸は3月17日からなので、16日までに済ませるようにします。

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?4

これは、真夜中に日付が変わった時点で整えておくためです。

○お供えは何がいいの?

その家々により違いがありますが、お花やお菓子等をお供えすることが多いようです。

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?3

あんこを使った和菓子をお供えすることが多く、同じ菓子でも、春彼岸はぼたもち、秋彼岸はおはぎと呼ばれます。

春に咲くボタンの花、秋に咲く萩の花になぞらえて、そのような呼称になったと見られています。

スポンサーリンク

 

○お彼岸には家族と墓参りで心の洗濯を!

どうして彼岸に墓参りをしたり、仏壇にお供え物をするようになったかと言うと、いつからかは分かりませんが、春分の日や秋分の日は昼夜の長さがほぼ一緒ということに関係しています。

亡くなった方がいる場所を彼岸と言い、人々が生きている場所を此岸と言います。

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?

彼岸は日の沈む西に、此岸は日の昇る東側にあるとされ、真東から真西に沈む太陽の通り道は、彼岸と此岸が最も通じやすくなるとされ、先祖を供養するのに相応しい期間として定着するようになりました。

数ある仏教を信仰する国の中でも日本独特の風習となっています。

■最後に

2016年の春のお彼岸の入りはいつ?5

「彼岸」を「日願」と読み替えて、日本に古来からある太陽を信仰する神道の信仰者にも受け入れやすかったからや、春の種まきや秋の収穫の祭りと結びつきやすかったから等の諸説があります。

2016年の春分の日は日曜日です。

少し足を伸ばして、ご先祖様のお墓参りをしてみるといかがでしょうか。

スポンサーリンク