情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

大曲花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?

   

東北地方の「足を運んでみたい花火大会ランキング」金字塔の第一位!

赤川花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?1

全国の至る所より花火師と花火マニアが集結する注目の花火大会なんです。

たびたび、テレビにおいてもピックアップされる割合が高いようなので、ご存知の人も大勢いるんじゃないかと感じます。

全国各地の花火師が寄り集まって競り合う花火については、メチャクチャド級!

観覧するお客さんの度肝を抜いたり、心を揺さぶられたりしてくれるでしょう。

そういった大曲の花火大会の…

大曲の花火大会の日程と時刻とは?見どころとは?

お奨めのポイント、場所取りのポイントとは?

交通アクセスとは?駐車場、渋滞の情報については?

たかが花火?と思われかもしれませんが、されど花火と言えます。

我々日本人の胸を揺さぶられる花火大会なのですよ!

スポンサーリンク

 

■大曲の花火大会の日程と時刻とは?

大曲花火大会というのは、例年催されるスケジュールが確定しています!

オフィシャルによれば、例年8月の第4土曜日ともなると開催されるということです。

これでしたら、年毎に「今回はいつ頃なんだろうか?」とスケジュールの段取りに頭を抱えずに済みますね♪

日程:2016年8/27(土)

時刻:午後17:30~18:15(昼花火の部) 午後18:50~21:30(夜花火の部)

花火:1万8000発

荒天:雨天決行(荒天の際には順延)

打ち上げスポット:雄物川右岸河川敷(大曲花火大橋下流)

大曲の花火だと、これ以外の花火大会からすれば滅多にない、「昼の部」と「夜の部」が見られます。

昼の部・夜の部をトータルすると、ガッツリ3時間くらい花火を満喫することが叶うのです!

これほどまでに多くの時間花火をエンジョイできることなんて、滅多に経験できないと思います。

実に花火愛好家にとっては、待ちきれません。

思う存分花火を堪能する事ができるんです!

■見どころとは?

大曲の花火の歴史というものは、現在から、遡ること200年を超えるんです。

1800年当初では、大曲において花火が放たれていたとされる書物が残存しています。

そういった大曲の花火ですが、「花火競技大会」がようやく開催されたのが、1910年(明治43年)となります。

花火競技大会にしても、実際に100年を越す長年の伝統があるといえます!

最近では、花火競技大会のチャンピオンになると、内閣総理大臣賞が授与されるとか、オーソリティーを有する花火大会となります。

とにかく大曲の花火大会の際立ったアピールポイントは、何はともあれ全国の至る所の花火師が花火の綺麗さとアート性が競り合われる「花火競技大会」かもしれません。

空へ放たれる花火の総数では、驚いてしまいますが、1万8000発!

花火師達が全精力を注いで空へ放つ華麗な花火を目にしようと全国の至る所より花火愛好家が集結し、例年70万人を呼び寄せる並外れたビッグイベントだと言えます。

「大曲の花火大会」のスタートになると、大会直接運営がもてなす花火が空に舞います。

実際はこれについても注目を集めている1つになります!

ミュージックに応じて花火が花開く、ワイドスターマイン。

赤川花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?2

例年、出来栄えだって素晴らしいんですよ!

または、大曲の花火大会の持ち味と言う側面もある、二部から構成される花火大会。

昼の部と夜の部、トータルすると3時間もに亘り花火が堪能できるという訳です。

昼の部で開催される花火というのは、5号玉早打ち5連発、あるいは割物とか煙竜といった内容。

ひゅるるる~といった花火が醸し出す鳥のような、「さえずり」、そして天に上昇する竜のビジュアルらしき煙の筋が惹きつけられる~♪

その後、そして!夜の部については、そのような中ではたまた2部に分割されております。

「課題の部」と「創造花火の部」。

匠の技を結集した花火を抱えて、花火師達が花火のクオリティ、アート性、綺麗さをバトルします!

スポンサーリンク

 

■お奨めの場所取りのポイントとは?

こういった華麗な花火大会なんですから、とっておきのスポットで見物したいと思いませんか?

「費用を掛けたとしてもすばらしいスポットで見物したい!」といった人については、大曲の花火大会だと、有料席がほんの少ししかありませんが、準備されているので、こっちをご確認してみられては?

大曲花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?4

余談ですが抽選制ですので、販売日にすぐに手配し忘れてしまったとしても大丈夫!

当選する迄ワクワクでしょうね。

桟敷席A:6名席 2万3000円

桟敷席C:5名席 1万5000円

イス席:1名席   3000円

チケットの購入の仕方に関しては3種類ございます。

大曲市民会館においてのダイレクト販売

往復はがきによる抽選代引き販売

オンライン受付抽選販売

ついでながら、当日券はございません。

抽選販売日と言うと、例年6月上旬より順序良くスタートします!

細かな日程に関しては、公式ウェブサイトを確認してください!

お金は費やせないんだけれど、花火を堪能したい!といった人へのお奨めのポイント&穴場ポイントをご案内致します♪

○花火の打ち明け会場対岸の河川敷

さしあたってオーソドックスなポイント。

公的に用意されている無料観覧席ということです。

大曲花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?5

こちらでは、有料観覧席のとなりに並行して、無償で花火をエンジョイできてしまうことから、すっごくオトク&花火がクリーンに見物できるお値打ちポイントとなります!

ではありますが、ライバルとなるのは、数万人。

どのような人もそういった魅力があるポイントにおいて見物したいと考えますよね~。

そうです、超バトルエリアとなります。

前の日の午後15:30に入場がスタート。

入場待合スペースへ出向いて、そのポイントから無料観覧席に入場できるのは、その日の朝9:30を待ち受けることが必要です。

…前の日に出かけることが可能な方にもってこいです♪

■交通アクセスは?駐車場、渋滞の情報とは?

○電車のケース

JR大曲駅より徒歩およそ30分(約2km)

○車のケース

秋田道大曲ICよりマイカーで10分(平時)

大会当日には交通規制が実施されてます。

なので歩行者の安全性が最優先して考えられているようです。

というわけで、シャトルバスも運行されてないし、会場界隈については、前の日より駐車禁止となるのです。

■最後に

どのような感じでしたか?

大曲花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?3

是非とも、素晴らしい花火ライフ&夏のシーズンを満喫して下さいね!

スポンサーリンク