情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

日焼けの原因とは?対策には日焼け止めクリームを忘れずに!

   

あなたはご存知だと思いますが、日焼けの原因となるのは紫外線だと言われますが、実は紫外線というのは、日焼けをもたらす一原因でしかないのです。

スポンサーリンク

■日焼けの原因とは?

紫外線が皮膚に当たることによって、私たちの皮膚の基底層に存在する「メラニン細胞」が触発されますと、メラニン色素が発生して、その結果、日焼けがもたらされてしまうといったメカニズムとなっています。

日焼けの原因と対策4

メラニン色素というのは、日焼けのみに限らず、しみ、あるいは、そばかすだって惹起させます。

ところで、紫外線の種類にはどのようなものがあるのかと言えば、典型的なものとして2つ挙げることができ、ひとつは「UVB」、もうひとつは「UVA」と呼称されています。

日焼けの原因と対策2

前者のUVBというものは、皮膚が赤くなる日焼けを起こし、後者のUVAというのは、皮膚が黒くなる日焼けをもたらします。

このように、紫外線ですが、特別なことでなく、普段の日常の中で日焼けをもたらす原因を引き起こしていると考えられます。

■対策には日焼け止めクリームを忘れずに!

こういった紫外線より肌や皮膚を保全することを望むのであれば、外出去る際には、日焼け止めのクリームといいたものを準備しておくとこが大切です。

日焼けの原因と対策1

日焼け止めクリームなどを活用すれば、肌や皮膚などは紫外線からのダメージを直接受けないですむのです。

よく聞くことで、日焼け止めクリームを塗る際に、肌が白っぽくなることを嫌って、たっぷりと塗らずに、薄く済ませる方がかなりいらっしゃるそうです。

けれども、肌に薄く塗れば、その結果としてクリームが落ちやすくなったり、あるいは、他の化粧が剥がれる際に、同時に取れてしまったり、さらには、汗をかいて、無意識にふいてしまった時など、すっかりなくなってしまうことだって起こり得るのです。

スポンサーリンク

 

こういったクリームの塗り方をしていては、元来の日焼け止めといった効能など発揮することなど不可能です。

もとより、日焼けを防ぐことが目的なわけですので、その効果を得るためには、当然クリームはていねいに塗って、かつできるだけ、2,3時間おきに再度塗りなおすことを心がけるのなら、日焼けから肌を守る効果というのは、凄まじものとなります。

日焼けの原因と対策3

最近になると、以前と比較すれば、日焼け止めクリームに関しても、さらに肌への広がりが良好でスムーズとなり、肌や皮膚にとって感触が抜群に良いものが生産されているそうです。

■最後に

このことからも、急な外出先であっても、いつでも肌に付けれるように、日焼け止めクリームは常時、持ち歩きするようにしたいものですね。

スポンサーリンク