情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

神楽坂祭り2018年の日程と見所やアクセス、駐車場は?

      2018/06/28

神楽坂まつりというのは、東京都内新宿区の神楽坂通り並びにその近辺において開催されるお祭りであり、今年2018年で、47回目というわけです。

神楽坂祭り2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?4

この神楽坂まつりは、ほおずき市と阿波踊りを主要とするイベントとして注目を集めていますが、ゆかたに関係するセレモニーだって目白押しです。

こちらのブログでは、神楽坂まつりの日程や屋台、ほおずき市、阿波踊り、アクセスなどといった案内をお話することにします。

スポンサーリンク

 

■2016年の神楽坂まつりの日程とは?

神楽坂まつりは、例年、7月第4週の水曜日より土曜日の四日間に亘って、催されることが慣例だそうです。

これを受け、2018年については、7月25日(水)より7月28(土)に亘って開催される予定となっています。

加えて、神楽坂まつりですが、構成として第一部(水・木)のほおずき市と第二部(金・土)の阿波踊りの二部制に設定されています。

■神楽坂まつりの屋台に関して

神楽坂まつりだと、まず第一部のほおずき市が執り行われる水曜日と木曜日において、毘沙門天前には、神楽坂近辺にある料理・飲食店の出張屋台という形でおよそ50の露店が開設されるのです。

神楽坂祭り2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?2

さらに、毘沙門天境においては、金魚すくいとかヨーヨー釣りであったり、お子さんのための縁日が主催されます。

■神楽坂まつりのほおずき市に関して

神楽坂まつりのほおずき市については、7月25日(水)・7月26日(木)の午後17時30分より22時にかけて催されます。

神楽坂祭り2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?3

その際、ほおずき鉢が店先に並ぶ所は、毘沙門天善國寺門前だと思います。

神楽坂まつりのほおずき市ということで、そのエリアの商店会ですが、ダイレクト販売しますので、1鉢1,500円というように、お手頃なお値段で、私たちは、ほおずき鉢を手に入れることが可能です。

さらに、毘沙門天境内においては、舞台がしつらえてあり、音楽だけではなく伝統芸能を観覧する事が可能となります。

これ以外にも、ゆかたに関わる催し物として、ゆかた姿になったガイドさんが行なう見せ場の紹介(ゆかたコンシェルジェ)、あるいは、ゆかたの着付けのもてなしも実施されます。

スポンサーリンク

 

■神楽坂まつりの阿波踊りに関して

神楽坂まつりの阿波踊りというのは、7月27日(金)・7月28日(土)に、大人専用とお子さんを対象として分類して執り行われます。

神楽坂祭り2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?1

○おとな踊り大会

7月27日(金)・28日(土)の午後19時より21時

○子供阿波踊り大会

7月28日(土)の午後18時より19時です。

余談ですが、阿波踊りが開催される二日間については、屋台・露店は開設されないのでご留意ください。

屋台を満喫したい方は、ほおずき市が執り行われる日に出向いた方が良いでしょう。

■神楽坂まつりのアクセスは?

神楽坂まつりにおいては、パーキングとか駐輪場が見当たらないのみならず、交通規制も敷かれるので、できるだけ公共交通機関の使用が奨められているわけです。

もっとも、電車を利用したアクセス方法がとっても有益で、使用可能な経路・路線がけっこう多いだけでなく、距離にしても、駅より会場に掛けて直ぐ近くにあり、利便性に優れています。

JR飯田橋駅より徒歩1分

東京メトロ東西線飯田橋より徒歩至近

東京メトロ南北線飯田橋より徒歩至近

東京メトロ有楽町線飯田橋より徒歩至近

都営大江戸線牛込神楽坂駅より徒歩1分

■最後に

以上、神楽坂まつりに関しての情報をお話しました。

神楽坂まつりの持ち味というのは、交通アクセスが良好で、会社の帰りであるとかショッピングの道すがら気軽に足を運ぶ事が可能です。

しかも、お子さんのために縁日が催されたり、子供さんの為の阿波踊り大会が実施されてるなど、子ども世代に気配りしたイベントであると言えます。

伝統と斬新さが結び付いた神楽坂のまつりを堪能するために、会場に出掛けてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク