情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

こどもの日に女の子もお祝いしていいのかしら?鯉のぼりもOK?

   

こどもの日に女の子もお祝いしていいのかしら?

1年ごとにやってくる5月5日の日は「こどもの日」ですよね。

ですが私も以前から思っていたのですが、「こどもの日」というのは「男の子の日」であるという先入観が強烈にあるんです。

あなたのイメージはいかかですか?

特にお子様が 娘さんだけというご家族でしたら、ウチは「こどもの日に何らかお祝いをやっても大丈夫なの?」というように疑問を感じるかもしれないですね。

スポンサーリンク

 

でもね心配しなくて大丈夫です。

実は 「こどもの日」というのは女の子だってお祝いをしたとしてもOKなのです。

そういったところに関してわかりやすく説明しますので、ぜひとも役立たせてくださいね。

■驚くことに「こどもの日」と「端午の節句」と言われるものは別個のものだった!?

こどもの日に女の子もお祝いしていいのかしら?1

私たちが 「こどもの日」と言うものに「男の子の日」なのだという思い込みが大きいのは、多くの場合5月5日が「端午の節句」という側面もあることが理由ですよね。

そう言われたら端午の節句というものは、古来から男の子の成育と健康を目的とする日と言われてきたのです。

しかしながら驚きですが「こどもの日」と「端午の節句」というもの別個のもの。

はからずも5月5日に「こどもの日」と「端午の節句」が重複しているのみと見てみると理解しやすいと思います。

遡ること、1948年、昭和23年に、国民の祝日に関する法律が根拠になって、「こどもの日」に関しては5月5日に規定されたのです。

その法令を確認してみると、「こどもの日」は「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」だと謳われています。

このなかには 「男の子」や「女の子」と呼称される言葉は出て来ません。

なので、「こどもの日」においては女の子であってもお祝いをやったとしても構わないのです!

価値のある国民の祭りごとなわけですから、男の子も女の子だろうともとらわれることなく楽しんでください!

ちなみに、国民の祝日を設ける場合、「こどもの日」をいつ頃に決めるのかは、桃の節句の3月3日、あるいは新たな学年がスタートする4月1日というようなプランも現れていたんです。

ではありますが、3月3日だと北海道などにおいては依然寒すぎるし、4月1日はエイプリルフールとかぶさってしまうことになるというせいで却下されたと言われています。

そのようにして、「こどもの日」というものは5月5日になったわけです。

スポンサーリンク

 

■こどもの日に女の子も鯉のぼりを立ててもOK?

1年ごとにやってくる5月5日の日は「こどもの日」ですよね。 4

ご家庭で、庭や部屋の窓から鯉のぼりを立てる、あるいは和室等に「鎧」や「兜」を飾る、さらには 家族で柏餅を賞味する 、こういったところは男の子の育成と健康を望む日と言える「端午の節句」の慣習でございます。

そういったことを考慮すると、女の子のみの家族で鯉のぼりを立てるっていうのは、元々の趣旨からは逸脱していることに繋がります。

そうは言っても近頃では女の子のみの家族であっても「鯉のぼり」を立てたりやっていまし、幼稚園もしくは小学校だと男女が協力して、折り紙を使って「兜」を作ったりしてるみたいです。

女の子のみの家族だからと言って、「鯉のぼり」を立ててはダメであるということにはなりません。

折り紙で「兜」を作ったとしても構いませんし、柏餅だろうとも召し上がっても問題ありません。

こどもの日に女の子もお祝いしていいのかしら?3

あなたのお子様が楽しむのならば、ぜひともお祝いをやってあげた方が良いでしょう。

「女の子だけだというのに鯉のぼりを飾り付けるというのは気恥ずかしい…」と考えているとしたら、部屋の中だけに限ってコンパクトな鯉のぼりの飾り付けをやってあげるのも良いと思いますよ。

本来の由来などにはこだわらずに、状況に合わせてお祭りをエンジョイすることが望ましいと思います!

スポンサーリンク