情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

成田祇園祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?

   

成田祇園祭というのは、千葉県成田市において、例年7月に開催される、成田山新勝寺の奥之院のセレモニーとなります。

成田祇園祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?2

成田祇園祭だと、成田山と旧成田と称される全町が参画して、神輿や10台を数える山車を曳き回し、練り歩きます。

実は、300年を超えて、現在に引き継がれている、長い歴史をもつ祭りだと言えます。

そういう訳で、成田祇園祭を満喫することを狙って、見所あるいはアクセス情報を一緒にして、次に述べるような流れでお連れいたします♪

・成田祇園祭2016年の日程とスケジュールとは?

・成田祇園祭の見所、楽しむ方法とは?

・オススメのスポットであるとか時間帯については?

・アクセス情報と混雑状況について

・成田祇園祭の紡いできた歴史について

スポンサーリンク

 

■成田祇園祭2016年の日程とスケジュールは?

日程:2016年7月8日(金)~10日(日) の3日間

成田祇園祭では例年、7月7・8・9日の間近の金・土・日曜日において催されることから、2016年は上述しましたスケジュールとなっています。

■成田祇園祭の見所、楽しむ方法とは?

成田祇園祭というのは、成田山新勝寺の奥之院に安置されている大日如来に対して、五穀豊穣、万民豊楽を祈願するという、千葉県における最も大きな祭りなんです。

お祭りの開始日、大本堂前では、大日如来をお祀りした神輿を主体として、参道近辺にある9ヶ町と成田山、トータルで10台もの山車・屋台が結集し、安全祈願が実施されてます。

成田祇園祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?1

しばらくしてから、その次にお囃子に応じて法被にはちまきといった出で立ちの男女によって、扇子を手に奉納踊りを披露するのです。

目には鮮やかで、歴史を感じる屋台、あるいは綺羅びやかな江戸方の山車と山車人形。

千葉県内で、動く芸術品だとも呼称される山車・屋台ですが、それぞれ1台ずつ曳き出されて、参道を主体として3日間町中を曳き廻されるのです。

成田駅前より薬師堂に至る迄の平坦な道と、薬師堂より総門前に至るまで続いている、長く蛇行した急な坂道。

成田祇園際は、この地理的な条件も手伝って、ゆったりとした優雅な曳き廻しと、勇壮な曳き廻しのいずれも観覧頂けます。

さらに最終日になると、成田祇園祭りのメインのクライマックスと化す総引きが、仲町というステージで展開され、薬師堂前では、それぞれの町が素晴らしさを競い合うこちらの総引きを目にしようと、例年たくさんの観光客が詰めかけます。

そうして夕暮れ。

成田祇園祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?3

神輿が新勝寺に帰還すると、お祭りの最後を飾るフィナーレの曳き廻しを催すために、若い人達の力で夜中にかけて展開されます。

■屋台(露店)の案内

成田祇園祭りともなると、当然、屋台(露店)を堪能したい人だっているはずです。

そういう訳で、成田祇園祭りでそれなりに屋台(露店)の集結しているエリアをご案内しますね。

ひとまず圧倒的にたくさんあるスポットが、成田駅東口の駅前広場と湯殿山権現神社近辺となります。

こちらでは、屋台の殆んどが立ち並んでいるのです。

これ以外に、新勝寺に至るまでの沿道だと、成田市第2駐車場付近の「まちかどふれあい館」あたりにも屋台が店を構えているはずです。

新勝寺総門前の終わりの坂がある付近には、お手洗いもありますから、総引きを見物するシーン等には重宝すると言えそうですよ。

弘会恵田町駐車場界隈にも屋台がオープンしております。

この近辺は、来訪者と比べてご当地の住民が多い所ですので、人混みが煩わしい人にとってはもってこいです。

それ以外だと、一般住居と民家の間で三々五々とお店を構えている屋台も見られますが、大抵、道路の幅員が狭隘であるうえ、台数からすればさほど多くはないです。

■オススメのスポットとか時間帯は?

・7月8日(金)13:30~

成田山新勝寺大本堂前 神輿と全10屋台がそろい踏み。

荘厳とした雰囲気の中、安全祈願と鏡開きが執り行われます。

少し経つと、お囃子に従って若い人達が小気味よく踊る、総踊りがあって、交互に山車・屋台ですが町へと曳きだされていきます。

煌びやかな山車と格調の高い山車人形と、エネルギッシュな踊りと曳き廻し。

余すことなく観覧できるスポットとなります。

祭りの開始日だとしたら、この時間、このポイントですね。

・7月9日(土)09:00~

JR成田駅東口広場 神輿と全10屋台がそろい踏み。

権現山より神輿が曳きだされた後、花若連若者頭が発する合図に従って、一気に総踊りがスタートします。

しばらくすると神輿・山車・屋台については各町内へと練り歩きます。

祭りの2日目に観覧するつもりなら、この時間、このスポットがオススメ。

・7月10日(日)13:00~

成田山表参道(門前~薬師堂)

成田山表参道仲町の長らく蛇行した、急な坂道に沿って屋台が登り詰めていきます。

曳き手達の力で小気味よくあっという間に坂道を駆け登る颯爽とした雰囲気を味わうのでしたら、この時間、この場所が一押しです。

・7月10日(日)16:30~

成田山新勝寺大本堂前

祭りの3日間の渡御を締め括った神輿を、合計で10台の屋台が軒並み出迎えするわけです。

その締めくくりとして、フィナーレの総踊りで飾られるのです。

3日目に合計で10台の屋台揃いと総踊りを観覧するつもりなら、この時間、このポイントです。

・全日19:00頃~21:00(最終日は22:00)

成田山表参道

夜間の帳が降りると、それぞれの町中を練り歩いていた屋台が表参道へ勢揃い。

照明によってライトアップが行なわれて、明るい内とは違うファンタジーな綺麗さを引きだしてくれます。

リズミカルな祭囃子、エネルギッシュな若い子達の掛け声。

ゆったりと曳き廻される屋台と併せて歩を進めるもオッケーだし、沿道の店舗より窓越しに観覧するにしても良しだと思います。

スポンサーリンク

 

■成田祇園祭のアクセス情報と混雑状況について

会場:成田山新勝寺参道

住所:千葉県成田市成田1

電話:0476-22-2102(成田市観光協会)

○電車のケース:

①京成京成成田駅から徒歩15分

②JR成田駅から徒歩15分

○車のケース:

東関東道成田ICより国道51号経由して10分

・駐車場 成田祇園祭の臨時・特設駐車場はない状況です。

マイカーであれば成田山界隈かJR・京成各駅近辺のコインパーキングを使っていただくとよいでしょう。

ですが!当日にはJR成田駅より新勝寺に至る迄の各道路において交通規制が実施されるので、かなり混み合います。

さらに、成田市内の主要幹線道路については、いまいち道幅が狭いので、混雑ぶりが激しさを増すはずです。

高速道路をご活用であれば、東関東道成田ICを降り立つとしても大渋滞するでしょう。

そのため、1つ手前のICで下車して、直近の最寄駅からパーク&ライドしてみて下さい。

・混雑状況について

成田祇園祭りですが、毎年45万人程度の来場者動員数を誇ります。

と聞いても、思い当りませんよね。

成田駅前広場の大きさ、あるいは成田山新勝寺の表参道の道路幅員とか、俗にいう鑑賞エリア内の大きさでいえば、こちらの45万人という来場者はビックリするほどたくさん=人口密度が高いと言えるのです。

わかりやすく言うと人ごみで、ごったがえすってことですね。

表参道については道路幅員も広くないので、ベビーカーを利用した見物などは大変だと考えます。

さらに、こういった観客数に向けて、お手洗いの数が極めて僅かです。

沿道の中にはコンビニも見られますが、どこにしても混んでいると捉えてください。

非常事態に陥らないことを願うなら、早い内の活動を意識してくださいね。

■最後に

成田祇園祭に関してお伝えさせていただきました。

成田祇園祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?

成田祇園祭迄は東京駅よりマイカーで60分程度、電車の手段で約90分といった近さなんです。

つまり日帰りであってもしっかりとエンジョイできる移動距離と思いませんか。

格調の高い山車と屋台、颯爽とした総引き、煌びやかな総踊り。

今夏は、300年の文化を継承することになる、成田祇園祭へ是非とも訪問してみて貰いたいです。

スポンサーリンク