情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

みなとこうべ海上花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?

   

関西の中で足を運んでみようと思うランキング1位に輝く花火大会とはどちらの会場なのか聞いたことありますか?

実は、 みなとこうべ海上花火大会ということです!

みなとこうべ海上花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?1

兵庫県に位置する神戸というのは、なんとなく日本離れしていて、おしゃれな街並みのせいで、滋賀、京都、奈良、和歌山、三重、大阪といった近畿圏で、とりわけハイセンスな街にふさわしく海外からの人気も高いです。

こういった町並みのなか、花火大会を観覧することは、関西人のささやかな憧れなのかもしれません。

こういった理由で、みなとこうべ海上花火大会が足を運んでみたい順位ナンバー1となって選定されているのです。

こちらではそういった「みなとこうべ海上花火大会」の開始日程、オススメの穴場スポット、屋台情報、並びにアクセス情報等をご案内します!

すべて、目を通していただき、みなとこうべ海上花火大会を200%エンジョイしてください。

スポンサーリンク

 

■みなとこうべ海上花火大会の日程時刻と見どころとは?

花火となりますと、とりわけ関心を寄せることは開始スケジュールだと思います。

こちらの記事をしたためているタイミングでは依然として、開始日が明確となっておりませんが、おそらく、2016年8月6日土曜日または8月13日土曜日のいずれかです。

2016年8月6日土曜日あるいは8月13日土曜日

時間:19:30~20:30(予定) 雨天決行、荒天の際取り止めとなるのです。

花火の打上数:10,000発

お問合せ:078-333-3314(自動音声案内)神戸市総合コールセンター

打ち上げスポット:神戸港、新港突堤~メリケンパーク沖の台船上

開催中止の判断については15:00に敢行されますようですので、前もって天気予報をチェックしましょう!

開始の状況が心もとない人は上記に問い合わせるか、HOMEページ、Twitterを通じてチェックすると賢明ですよ。

こちらの大会では、 雨天決行に取り決められているので、すこぶる空模様が酷くない場合を除き、花火が執り行われますから、小雨程度であるなら、現地へGOサインだということです。

雨にあった場合には、人ごみの多い場内で傘を広げてたりすれば、周囲の人の迷惑となります。

これを受け、花火大会の中で雨具にお世話になるつもりなら、「かっぱ」が一押しです。

■有料席は用意されている?

穴場とか場所取りゾーンは?

遠路はるばる来場して、花火を目にするともなれば、何をおいても有料席より堪能することがベストです!

ダントツに花火を満喫できることを目的に有料席というのは、ベストポジションをキープしてくださっているのです。

そうして、有料席よりとりわけ素晴らしい花火が映るように放たれます。

言い換えれば有料席より観覧することが断然花火をエンジョイできるという意味です。

あなたは場所取りの懸念もなくて心置きなく花火を観覧する事が叶います。

有料席のフィーは前売り券が3100円、当日券が3600円となります。

前売り券:3100円(昨年は6月24日~発売スタート)

当日券:3600円(売り切れ次第)

場所:神戸市中央区新港町2

※ペット同伴NG ※トイレ、軽食・飲料の販売店が設けられています。

※3歳未満であれば無料(イスなし) ※雨天にあたっては、雨ガッパを取りそろえたいものです。

※取り止めの際は、購入店において指定の期間に亘り現金払い戻しを行って頂けます。

全国の至る所の幾つもの花火大会をチェックしてまいりましたが、前売り券を現金払い戻しして貰えるといった情報を発見した所は「みなとこうべ海上花火大会」のみで、これ以外の花火大会においては目にしませんでした。

前売り券はどちらで入手できる?

旅行代理店:JTB神戸三ノ宮支店、近畿日本ツーリスト三ノ宮営業所、

コンビニ店:セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、

チケットぴあその他:神戸海洋博物館、神戸ポートタワー

において手に入ります!

昨年は、ファミリーマートと、チケットぴあだと「発券手数料」が見られたと聞きましたので、手数料なしで手に入れるつもりなら別の場所で買い求めた方が良いでしょう。

当日券についてはどちらでGETできるの?

「花火サポーター席入口」「神戸ポートタワー」「神戸海洋博物館」において手に入れられます。

○無料にて満喫できるオススメの穴場スポットとはどこなの?

混雑を遠ざけてのんびりと花火を観覧したいなあと思う人にマッチする穴場スポットを案内します。

みなとこうべ海上花火大会の秘密の場所とは港界隈になるといくつも公園があって、その中でもポートアイランドの公園では短距離で花火を堪能できます!

その過熱ぶりは凄くて、花火の1日前よりシートを拡げて場所取りに励む方だって見られるくらいの激アツです!

ここでは次の3か所に関してご案内します。

①ポートアイランド北公園

②ポートアイランド西公園

③新港第四突堤(ポートターミナル)

○ポートアイランド北公園

ここは夜景がなんといっても美しくて、いわばこれこそが神戸の1000万ドルの夜のイルミネーションと称される優美さでしょう。

みなとこうべ海上花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?3

それに見合った夜景に紛れて空に舞う花火の素晴らしさは筆舌に尽くせないほどです。

それと露店がいっぱい目につくゾーンですので、祭りモードてんこ盛りな綿菓子であったり、たこせん、明石焼きというものを頂きつつ花火が観覧可能です。

ポートアイランド北公園については中央公園駅から徒歩10分の位置のようです。

○ポートアイランド西公園(ポーアイしおさい公園)

ポートアイランド西公園であっても夜景が見渡せるエリアとなって本当に人気を博すようになりました。

みなとこうべ海上花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?4

この地から目にする夜景においても北公園と大差なく素晴らしく、花火を心置きなくエンジョイできます。

さらに、北公園でも西公園もかなり広々としており、人混みは多いものの、十分に花火を堪能できます。

その中でも公園の南側については、いつもの年だったらゆとりがあるようですので、人だかりを遠ざけてゆったりと花火を味わいたい人にとって、お奨めのマル秘スポットとなります。

また公園の横には大学が見えますが、第三者の立ち入りを禁止している区域となっていますので、断わりもなく足を踏み入れないようにして下さい。

駅サイドからのアクセスはみなとじま駅から徒歩12分。 中公園駅から徒歩15分の辺りに位置します。

○新港第四突堤(ポートターミナル)

新港突堤(しんこうとってい)については、第一、第二、第三、第四と、突堤が見受けられますが、この中では、第四突堤の混み具合がとりわけましな方でして、一押しです。

みなとこうべ海上花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?5

新港第四突堤における神戸ポートターミナルホールに出かけると平年通りだとすれば、正午過ぎの1時ぐらいよりチケットの発売がスタートします。

Lunchが済んでチケットを買い出しに行くとピッタリな時間となります。

穴場としてはポートターミナルの1階の東側でしょう。

こちらの場所ですと、意外と混雑していない割合が高いことから、お奨めの穴場スポットだと思います。

神戸ポートターミナルホール迄のアクセスの仕方はポートターミナル駅から徒歩2分です。

これらのエリアが、ポートアイランドのからのとっておきのマル秘スポットのお知らせとなりました!

これだけではなく、六甲山展望台であるとかモザイク(メリケンパーク)より目にすることなども流行っています!

スポンサーリンク

 

■屋台や露店の情報まとめ。

みなとこうべ海上花火大会の出店だと、おなじみの屋台グルメも見られますが、これ以外の祭りの露店と比べてひと味違ってきます。

何処が異なっているのだろうかと言えば、ご当地飲食店であったり有名チェーン店なんかも店を構えているという訳です!

みなとこうべ海上花火大会2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?2

ひとつの例として、露店でCoCo壱番屋とか、神戸牛を提供しているる露店もあって、みなとこうべ海上花火大会だからこそ出来るいつも目につかないレアな露店に出くわす事が叶います!

平年のトレンドから判断すると、飲食系統の出店が数多く、「金魚すくい」「ヨーヨーつり」に始まるちびっこが遊べる娯楽系の屋台となると、少なくなるので、お子さん連れで出かける際は、ちょっとご留意ください。

ポートアイランド北公園に限らず露店を設置するゾーンは目白押しで、トータルで200店程度の露店が営業します。

■アクセス、駐車場、交通規制情報とは?

○電車のケース

最寄り駅:

JR:元町駅・神戸駅

阪神電車:元町駅

神戸市営地下鉄:ハーバーランド駅 中央市場前駅

神戸高速鉄道:高速神戸駅

○車のケース

駐車場:無し

『交通規制』

・ハーバーランド周辺:17:00~21:30頃迄

・兵庫埠頭:14:30~21:30頃迄(交通自主規制)

・阪神高速3号神戸線京橋IC入り口閉鎖:20:00~22:00迄

・再度山ドライブウェイ北行:17:30~21:30

大阪・京都方面からの移動で、さほど時間を使いたくない方はJRがもってこいです。

JP神戸駅ですと、京都より約1時間30分、大阪からだと40分、三宮駅より10分程度の場所にあります。

大阪方面よりリーズナブルに電車で足を運びたいのでしたら、阪神電車を使っての大阪からのアクセスが一押しです。

これだとJRと比較して30%オフ程度の運賃で出かけることが可能です。

さらに、阪神電車は「なんば」で近鉄特急にも接続していますから、奈良県に居住の方だって2時間前後で神戸に掛けて移動可能です。

このように、神戸は主だった電鉄会社が3社を上回って見られるので、公共交通手段のアクセスの利用価値大です!

六甲山を登山したり、駅より距離のあるスポットから花火を眺めるといったおめあてを除いてはマイカーを使わない事が賢明でしょう。

仲間は大阪で暮して居ますが、交通渋滞することを知っておいて、マイカーで花火に出かけた結果として、自宅にたどり着いた時刻はというと夜中の2時だったのです。

それほどマイカーで出かける事は無謀なことだと言えますから、可能な限り公共交通手段の使用がお薦めです。

■最後に

どう感じましたか?

これで、みなとこうべ海上花火大会をたっぷりと満喫できそうですね。

今年の夏ですが、関西の花火大会を余すことなく攻略することも有益な夏のくつろぎ方かもしれないですね。

スポンサーリンク