情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?

   

本年、2016年も天神祭りのシーズンが到来しましたね!

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?2

なによりこの祭りが幕を開けたら大阪の花火大会がようやく流れ始めるといった気分になりますね。

天神祭というのは、1000年を越える程の伝統のある我が国3大祭りのひとつとしても注目を集めています。

「水と火」が投影し、綺羅びやかさをあわせ持った天神祭りに惹きつけられること請け合いです。

あなたも大阪文化のイベントを期待して行きましょう!

こちらのレポートはそういった天神祭をピックアップしたのです。

日程、開始時刻、穴場スポットに関してご案内していくので、イベントを堪能することを願って役立てて下さいね!

スポンサーリンク

 

■天神祭(2016)に関して

3日間を通して、神賑行事が執り行われ、祭りのハイライトにふさわしくおよそ4000発の花火が放たれます。

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?3

何と言っても、注目すべきは、船渡御と奉納花火より体感できる「水と火」のワールド。

お世辞ぬきで風情を伴いますよね。

神事でありまして、センスのある趣向を垣間見れるのは、関西地方につきましても、天神祭りが際立っているわけです。

■日程・時刻

「天神祭奉納花火」

日程:2016年7月25日(月)

時間:19:30~20:50 注)雨天の場合は取り止め

天神祭は7月23日(土)~7月25日(月)まで催されております。

屋台を満喫したい方は7月25日に打ち上げられる花火の日を除けば、人混みを回避できると思います。

玉数についてはおよそ4000発を以って、去年は約130万人会場に足を運んだと聞きました。

屋台ですが、大阪天満宮、天神橋筋商店街、桜ノ宮中央公園広場を中心となりお店を構えております。

ぜひ食べ歩きにおいても満喫してくださいね。

それじゃあ、本年のカリキュラムをご説明して参ります!

○「2016年の天神祭奉納花火のカリキュラム」

19:30~:独創的な花火をもちまして滑り出し

大阪天満宮の象徴である紅梅をイメージした花火が空に舞います。

20:00~:大迫力の花火を打上げ 時は中頃に向かうと、猛烈な勢いで花火が放たれます。

まさに破竹の勢いのタイムゾーンとなります。

20:30~:エンディング

2か所で時を同じくして花火が舞い上がります。

その結果、大川全面が眩しい花火でスクリーンと化します。

■花火スポットとか穴場はどちら?

天神祭りの穴場ゾーンは、基本的に大川に敷設された各橋になると言えます。

おなじみの桜ノ宮、天満橋を除いた橋がお薦めです。

一番初めは有料スポットの方よりご案内して参りますね。

○大阪ふれあいの水辺に観覧席が設けられます。

砂浜の自由席を以って夏場だって堪能頂けますし、椅子に腰掛てのんびりと眺めることが叶う指定席も用意されています。

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?5

全席ワンドリンク付き(ソフトドリンク)となります。

しかしながら、こちらでは船渡御は観覧できませんので要注意ですね。

チケットは5月下旬より発売スタートです。

砂浜自由席:4000円

テーブル指定席:5500円

○源八橋

ここからはお馴染みの桜ノ宮駅近くの鉄板スポットとなります。

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?6

人ごみに溢れていたとしても、鮮明に花火を目にしたいと願う人にぴったりのエリアです。

空に舞う花火が至近に迫るシーンを目の当たりにして衝撃を受けるに違いないでしょう。

スポンサーリンク

 

○都島橋

源八橋と見比べて花火の打上げ地点サイドからちょっぴり距離のあるポジションになっています。

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?7

それと引き換えに、観客の混み具合だって僅かで余裕でエンジョイできます。

桜ノ宮駅、都島駅のいずれもが近辺となり足を運びやすくなります。

屋台は源八橋に向かって歩いて行けば現れますよ。

○川崎橋

中心の打上げスポットからだと一際距離があるエリアとなるはずです。

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?8

天神祭というのは、2か所で花火が放たれ、その中の1か所がこちらの「川崎橋周辺」というわけです。

大阪城北詰駅がそばにあり、駅であっても相対的に人ごみは少ないです。

■駐車場あるいはアクセスは?

○天神祭の利点は、さまざまな駅を利用できることから、アクセス方法は断トツです。

ただ去年はおよそ130万人も来場していますから、混雑する点は理解しておくことが必要です。

けれども、タイムゾーンが変われば、スッといけちゃうようなので、ちょっぴり早い内に出かけるなり対処法を計算して行くべきです。

JR桜ノ宮駅 ここからはダントツにごった返しているんですが、ビューポイントとなるところが近辺に在って評判です。

京阪天満橋駅 穴場の川崎橋の最寄りの駅と言えます。

桜ノ宮公園南側へも近距離の駅だと思います。

地下鉄南森町 強みだとすれば屋台が結構多く目にすることができる点です。

桜ノ宮駅と見比べて混み合ってないと言えますが、それはそれで混雑してます。

大阪城北詰 お客さんは少ない方ではないでしょうか。

とは言え、時間軸を移して出かけることが必要です。

桜ノ宮公園へ赴くとするとちょうど良い駅。

○駐車場のお奨めは?

ハッキリ言って近辺で駐車することは不可能です。

花火が放たれるエリアからだと少々遠ざかりますが、京橋駅とか都島駅、北浜駅界隈のコインパーキングを使用すると徒歩圏で比較的大丈夫です。

毎回そうですが、イチ押しの方法が、ほんの少し距離のある駐車場を基点としてタクシーに乗車する手段です。

さほど値段も高くはないこともあって、スッと足を運べて花火を堪能できます。

是非とも、お役立てくださいね!

■最後に

天神祭ですが、祭りを満喫したい人のことを考えてさまざまなメニューも準備されています。

天神祭2016年の日程と見所やアクセス、駐車場は?1

例を挙げると、船渡御乗客券観覧席チケットというものを入手すれば、大川を運航する船上でお料理を頂きながら、花火を目にすることだって可能です!

値段は嵩みますが、一層価値のある日を送れると思います♪

こういった様にお祭りを満喫しようと望むなら幾つものバリエーションが見られます。

当日迄にあれこれと照らし合わせてみてあなたにふさわしいアプローチで堪能しちゃいましょう!

スポンサーリンク