情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

暑中見舞いの時期はいつからいつまでなの?守るべきマナーや書き方は?

   

梅雨が済めば時節も夏場にがらっと変わってくる時機となってまいります。

そのタイミングで送信する「暑中見舞い」

暑中見舞いの時期はいつからいつまでなの?守るべきマナーや書き方は?1

暑中見舞いを送付する方としては、日頃、助けてもらっている人、親せきの方、お友だちというような人々で、体の様子等のお伺いをしたりとか最近の状況を知らせるといった季節のあいさつ状ということです。

ウェディングはたまたお産、引越しの知らせというものをするためにもありがたいシーンとなるはずです。

年賀状を差し出すときに、どういった方に送るか考えると推察しますが、そのことと似通った意識で問題ありません。

けれども、暑中見舞いの時節については、年賀状のケースに反して、「本日より」といった感じの取り決めはないです。

地方都市あるいは地区が変わると慣行については違ってくるかも知れませんが、現代社会において「いつからいつまでが暑中見舞いの時節」であるのか?

加えて、暑中見舞いのマナーであったり書き方などに関しても実例を示して行くつもりです。

スポンサーリンク

 

■暑中見舞いの時期はいつから?

暑中見舞いの時期ですが、いつからだと思われますか?

言うまでもなく夏のシーズンに転じてからの話とはいえども、社会通念上、暑中見舞いを差し出す時機に関しては、梅雨ですが終わりを告げてからの事になるのです。

詳しい日程というのは、「二十四節気(にじゅうしせっき)」の小暑 (7月7日)からのちとなっています。

もっとわかりやすく言えば、 「七夕がすんでから。」なんて具合に理解すればピンと来ますね。

暑中見舞いの時期については、いつからなのかと言えば、お中元の時期(7月上旬~7月中旬まで)どちらとも重複するようなので、「お中元の御礼状の役割も持った暑中見舞い」もありだと考えます。

お中元とかお歳暮に始まるギフトについて、時期やマナー、あるいは関東地方と関西地方の違う所であったりあれこれ理解しておくと良いことがいっぱいあるはずです。

■暑中見舞いを送る時期はいつまでなの?

それじゃあ、暑中見舞いを送付する時機はいつまでだといいんでしょうか?

日にちそのものとしましては、「二十四節気」の立秋(8月7日)までとなっています。

立秋の日については、年が変われば違ってくる場合がありますが、押しなべて「8月7日頃」ということです。

この時節ともなれば、地域の夏祭りなど幕が開く時期とも言えますね。

8月7日ですから、暑中見舞いの日時は一体、いつまでに発送すれば問題がないのかと申しますと、小暑(7月7日)より1ヶ月間と記憶しているとイメージを描きやすいと感じます。

これとは別に、「お盆の前には送付しないと、」なんて具合に落とし込んでおくことだって役立つでしょう。

従いまして、この時期を超過しますと、暑中見舞いとは違って『残暑見舞い』に変わってしまいます。

■暑中見舞いの時期のマナーあるいは書き方の実例というのは?

ここで暑中見舞いの時節のマナーに関してちょっぴり覗いてみたいと思います。

○暑中見舞いと残暑見舞いの時期が違う所とかマナーについて

先ほどより少々お話しました通り、暑中見舞いの時期と残暑見舞いの時期というのは開きができます。

・残暑見舞いの具体的な時期というのは 「二十四節気」の立秋(8月8日)の前日~9月8日(白露)前日にかけて 仮に、暑中見舞いを決められた機会に発送し忘れたんだけどお手紙を送付したいといったケースでは、「残暑見舞い」の形式で差し出せば、礼儀としては問題ないはずです。

・【暑中見舞いを受け取ったけど時期が経過したケース】

先方の方より暑中見舞いを受け取ったから、自分も返信したい。

そうは言っても、暑中見舞いの期間が経過してしまっていたとしたら?

どんな風なやり方をすればエチケット違反にならないのでしょうか?

そのようなケースでは、残暑見舞いという形で先方にはがきを送付すれば差し支えありません。

スポンサーリンク

 

・【先方が喪中としたら暑中見舞いを差し出しても構わないのか?】

一般に、喪中の方については年賀状のやりとりをやらないが、暑中見舞いに関しては「季節のお見舞」ということなので、祝福事とは一線を画することから、先方がたとえ、喪中であろうともマナー違反とは言えないという考え方がポピュラーみたいです。

それでも、喪中には違いないので、送り手に取りましても、気遣いした文面であったり絵柄のはがきをチョイスして下さいね。

○【暑中見舞いの書き方とは】

よく、「暑中見舞いとはいうけど、どんなことをしたためたら良いの?」と考えることだってありますが、特に定まった型式はないといえます。

かと言って、それ相応の例文が見られると理解しやすいと考えるため、幾通りか取りあげてみることにしました。

暑中お見舞い申し上げます。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか?

我が家の今夏は、息子が誕生してから、はじめて向かえる夏となります。

自分達はもちろんですが、こどもが熱中症にならないためにはどうやれば効果的なのか?

夜間、寝苦しくならないようにさまざまな工夫をするなど試行錯誤の毎日です。

今年はいつもの年と比べても暑くなるようですので、体調維持の為に大切にお過ごし下さい。

平成○○年 盛夏

原則的にはこの通りです。

お友だちに送付するのであれば、なお一層砕けたフレーズだとしても構わないです。

暑中見舞いで添える文章構成については、

【季節のあいさつ】

【相手先の安否を伺う言葉】

【あなたの最近の状況を知らせる言葉】

【相手先の平安を祈る言葉】

【日付】

拝啓」などといった頭語や、「敬具」等の結語は必要ありません。

日付は「○○年○月」だけでもいいのです。

「○○年 盛夏」という風にしておくとオーケーです。

こういった調子で、あなた流の暑中見舞いの文言を工夫してみるといいですね。

■最後に いかがでしたか?

暑中見舞いの時期はいつからいつまでなの?守るべきマナーや書き方は?2

暑中見舞いと言いますが、時節がいつからいつまでというようなことなど、それ相応のルールであったりマナーのみ押さえておけばこれと言って縛られることはないのです。

常日頃から、あなたの力になって頂いている方や、近ごろお目に掛かっていなかったお友だちなどに、あなたの最近の状況を知らせるというのは、結びつきを大切に考えることを思うと、すばらしいキッカケになるに違いありません。

暑中見舞いを届けられた方も、恐らく嬉しそうにして頂けると考えますので、これまで暑中見舞いを送信した経験がない人だって、ひとまず筆を入れてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク