情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

「合成皮革衣類」の上手なお洗濯方法|おウチでもできたんです!

   

■「合成皮革衣類」のケアですが、上手くやれていらっしゃいますか?

合成皮革衣類」の上手なお洗濯方法

合成皮革と呼ぶのはポリウレタンといった、樹脂を布にコーティングを施して、まるで天然皮革かのような風合いにした素材のことを意味します。

作りも天然皮革に近づけた物は「人工皮革」と呼ばれているわけです。

今回は、そういった合成皮革衣料のテクニックのあるクリーニングのコツをご案内します。

洗浄する一つ前の「準備」 これから挙げる進め方で、お洗濯前の「準備」をしていきましょう。

スポンサーリンク

 

1. 絵ラベルのチェック

まずは取扱い絵ラベルをご覧いただいて、おウチで洗えるか否かを確かめます。

合成皮革衣類」の上手なお洗濯方法1

「「洗濯機マーク」であるとか「手洗いマーク」でしたら、ご自宅で洗える 「水洗い不可マーク」と「ドライマーク」が記載してあるとしたなら、ご自宅では洗えませんから、皮革グッズ専用のクリーニング店へお願いする。

【ここでご注意下さい!】

ラベルで洗える場合が確かめられたとしても、表層にベタつきや乾いてヒビ割れといった損傷が見られる際には、お洗濯についてはやめるのが得策です。

同様に、ウェアに施されているタグ、あるいは取扱挿し絵表示の裏側等に表示された注意書きについても調べておくようにしましょう。

2. 相応しい洗剤を選択する 色あせもしくは型くずれを防止する中性の「おしゃれ着用洗剤(アクロン)」がお薦めです。

3. 前処置する 部分汚れであるとかシミが見られるなら、前処置を行ないます。

こすらずに、そのまま「おしゃれ着用洗剤(アクロン)」の原液を汚れた場所に滴下しておきましょう。

4. 洗濯ネットに入れる 上着のケースでは、袖は裏返すことなく、身頃をくるむ感じにしましょう。

前もってファスナーとかボタンについてはきっちりと締めておいて、洗濯ネットのサイズにして折りたたんで入れます。

「洗う」シーンでの工程 押し洗い 絵ラベルをチェックし、表示の基準を守って、やんわり「洗う」ことを意識しましょう。

洗濯機でしたら「手洗いコース」とか、ゆるい水流を使ってキレイにするべきです。

手洗いする際は押し洗いを行なった方が良いですよ。脱水に関してはスピーディーにいたします。

■「乾かす」場合の手順

合成皮革衣類」の上手なお洗濯方法2

次に「乾かす」場合の一連の流れに関してご説明しましょう。

1. 干すのに先立ってしわを伸ばし、スタイルを揃える

洗濯じわとか型くずれを防止することを狙って、脱水その後はすぐさま抜き出します。

振りさばいてしわを取って、スタイルを綺麗にしたいものです。

2. 日陰に干す 筒状に乾かす

上着に関してはハンガーに掛けて、スカートやパンツについては着衣時と同じシルエットができるために、筒状に干したいと思います。

日陰でジックリ自然ドライさせましょう。

【ご注意ください!】

「回転式衣類乾燥機」の活用というのは止めるのが得策です。

■水滴を手ぬぐいを使って拭きとる <美しく仕上げるテクニック>

 

◇表層ですがツルツルとなっている種類(銀面タイプ)

脱水が終わった後、革の表層についている水滴を手ぬぐいを使って拭き去っておけば、乾き切ったころには水跡が残ることはありません。

合成皮革衣類」の上手なお洗濯方法3

手を使ってしわを引き伸ばす ◇スエードタイプ(起毛)

脱水が終わった後、スエード調の素材についてはブラシを施す、あるいは、手を使ってしわを伸ばし、毛並みをきれいにしてから干してください。

■「アイロンがけ」のやり方

「アイロンがけ」というのは、取扱い絵ラベルをチェックし、材質に応じて温度のセッティングをしてください。

一般には、 高温にデリケートなことにより、合成皮革の絵ラベルを見ると、「アイロンをかけるケースだと、あて布を実施して低温の状況で実施する」といった手ほどきが表示されております。

衣料の品質表示や取扱い絵ラベルの言いつけ通りにしたいものです。

スポンサーリンク

 

■「収納・保管」のやり方

合成皮革衣類の「収納・保管」している間は、湿気に気をつける事がカギになります。

1. 布をかける

通気性が申し分ない布と言われるものをかけてストックします。

光線の当る所は回避し、温度や湿気のないエリアに収納・保管しておきます。

それ以外の衣裳と長い期間触れると、その衣裳が色落ちしたりすることがあるので、布などを掛けると良いかもしれません。

2 .ときには風に触れさせる

カビなどが生えてこないように、折にふれて風に通しましょう。

合成皮革衣類」の上手なお洗濯方法5

合成皮革であったり人工皮革の樹脂コーティングの耐用年数は2~3年なんです!

それに加えて、購入した時点ではなくて造られてから2~3年なのです!

換言すれば、旧型モデルを処分バーゲンの中で買い求めた際に、購入した時点で寿命が目の前!などということも十分あるのです。

また、ポリウレタン製の合成皮革はわずか3~5年で経時劣化すると言われており、保存している時に湿気が見られるとこれまで以上に悪化し易くなりうるので、折にふれて風に触れさせ、湿気がこもら無いようにした方が良いでしょう。

■<クリーニングにお願いした場合>

クリーニングから帰って来たらビニール包みを取ってしまってハンガーに掛け、2~3日吊るしておいて、溶剤あるいは湿気を除去します。

その中でも、厚みが見られる衣裳は溶剤あるいは湿気といったものが残留し易いことから、きちんと乾かすことを意識しましょう。

「お洗濯しない時」のメンテナンスのしかた 合成皮革の衣類については、あまり何度もお洗濯はやらないことから、普段のメンテナンスが重要となります。

ここで「お洗濯しない時」の保全方法は、以下を活用してはいかがでしょうか。

■<日常のケア>

1.湿気を取り去る着衣以降は部屋に吊るして、湿気を取り去ってから保管すると良いです。

2.ホコリを除去する乾拭きあるいはブラッシングを通じて、ホコリを取り払いましょう。

<雨で濡れてしまったシーンでのメンテ>

手ぬぐいでたたくような感じで水気を吸いとり、陰干し活用することで自然な乾燥を行います。

合成皮革は高温が駄目なので、ストーブなどといった熱源の身近な所に放置して干すという事は控えて下さい。

しかも濡れてしまった所に局所的にアイロンをあてた場合には、劣化や変色することも考えられるようなので、乾拭きや自然な乾燥を施しましょう。

<汚れがくっついた場合のメンテ>

おしゃれ着用洗剤(アクロン)を通常利用濃度の50%程度に薄めて、その洗剤液を手ぬぐい等に含ませ、硬く絞ってふき去ってしまいます。

ちょっと経ってから、水を染みわたらせ固くしぼった手ぬぐいを使って、洗剤液をふき去ると良いです。

スポンサーリンク