情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

葬儀の流れ|危篤から精進落としまで・仏式での紹介です

   

ある日、突然の別れ。

葬儀は旅立たれた愛しいご家族を弔い、見送る真摯な儀式となります。

ご遺族の痛ましい悲しみを抱えたままの中で執り行われます。

でも、別れて間もない中で心痛の回復のないままに、不慣れな儀式ごとを乗り越えていく作業は、ものすごい負担にならざるを得ません。

こちらでは、仏式における一般的な葬儀の流れ・手順をご説明し、お葬式の準備の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

■葬儀の流れ・危篤から精進落としまで

○危篤

①医師を呼ぶ

②親戚・友人・知人など、合わせたい人に連絡をします。

○臨終

葬儀の流れ|危篤から精進落としまで・仏式での紹介です2

①末後の水をとらせる。

②葬儀社に連絡をする。

③湯灌等をし、死に化粧、死装束に改めて、ご遺体を安置する。

④喪主や葬儀の様式・規模・日取りなどを決める。

⑤世話役などを依頼して打ち合わせをする。

⑥寺院に連絡をして打ち合わせをする。

○死亡通知

①死去と葬儀の日程を、親戚・友人・知人・勤務先・町内会などに知らせる。

②死亡通知や死亡広告を葬儀社や新聞社などに依頼する。

○通夜・葬儀の準備

①家の中を整理して、喪服を用意する。

②遺影用の写真を葬儀社に渡す。

③各世話役の担当を決める。

④葬儀に関しては、世話役代表とよく相談して、一任する。

⑤近隣に挨拶をしておく。

⑥弔問客のお悔やみを受ける。

○納棺

①僧侶に枕教をあげてもらう。

②僧侶や世話役代表らと通夜・葬儀について細かい打ち合わせをして戒名を依頼する。

③葬儀社の指示に従って、納棺する。

○通夜

①席次を決める

②戒名をつけてもらう。

③僧侶の読経後、喪主から順に焼香する。

④参列者全員の焼香後、喪主、または親族代表のあいさつ。

⑤弔問客への通夜ぶるまいの接待と喪主のあいさつ

⑥葬儀社および世話役と葬儀・告別式の打ち合わせをする。

スポンサーリンク

 

○葬儀と告別式

葬儀の流れ|危篤から精進落としまで・仏式での紹介です1

①参列者着席後、僧侶入場、葬儀。

②引き続き告別式。

③式終了後、最後の対面と柩の釘うち

④位牌と遺影を持って外に出る。

○出棺

①家族が、お棺に手を添えて運び出す。

②喪主または親族代表がお礼のあいさつを述べる。

③火葬許可証を持って、火葬場に行く。

④随行しない家族は、会葬者・世話役・近隣に挨拶をする。

○荼毘

①火葬許可証を事務所に出す。

②お棺が火葬炉に安置されたら、読経、喪主からの焼香(納の儀)

③骨揚げの知らせがあるまで休憩所で待機(分骨する場合にはあらかじめ申し入れをしておきます。)

④骨揚げ・収骨

⑤喪主が遺骨を持って帰宅する。

○還骨勤行

①遺骨が家に戻ると、僧侶が読経(初七日をあわせて行うときは僧侶に伝えておきます。)

②式後、喪主の挨拶。

○精進落とし

①僧侶を最上席に案内し、喪主挨拶後に献杯、会食。

②喪主からの今後の法要の日程を説明。

■最後に

医師からの臨終が宣告され、死亡が確認されたあと、葬儀のご準備にかかります。

大抵の方は、悲しみで気落ちするなか、通夜や葬儀の手配まではなかなか気がまわらないものです。

喪主を決め、お手伝いをいただける方やいわゆる世話役をお願いして、その中から信頼できて、経験ゆたかな世話役代表と相談しながら進めていくとよいでしょう。

スポンサーリンク