情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

生理中こそヨガを…心と体のリズムが整う効果の「太鼓橋のポーズ」

   

ヨガは体のリズムを整えたり、基礎代謝を高めたりする事ができる気軽にできるスポーツでダイエット効果があることから女性に人気があります。

スポンサーリンク

 

■生理中こそヨガを…体のリズムが整う「太鼓橋のポーズ」

○生理中にやることが望ましいとされているポーズ

ヨガは激しい運動がともなわず、筋肉をほぐす効果のあるものがほとんどですので動きもゆったりとしており、リラックスして出来るので、生理中でも行う事は出来ます。

生理中こそヨガを…心と体のリズムが整う効果の「太鼓橋のポーズ」4

逆に生理中にやることが望ましいとされているポーズ、やった方が良いと言われるタイプの人もいます。

まず最初にやることが望ましいとされているポーズについてですが、座位や寝た状態で行うものが基本で、生理痛を軽減することができます。

その中でも特に有名なポーズが太鼓橋のポーズです。

○太鼓橋のポーズとは?

これは頭とくびと肩をマットにつけた状態で、ひざを曲げて漉しをまっすぐに持ち上げるものであり、無理なくできる姿勢であり生理痛をやわらげてくれるので生理中に行うと良いとされています。

生理中こそヨガを…心と体のリズムが整う効果の「太鼓橋のポーズ」

次にやった方が良いと言われているタイプの人についてですが、生理前や生理中にイライラする方もそのような時期にこそヨガをすることをおすすめします。

○イライラがたまったらヨガを

イライラがたまっている時は精神的にも肉体的にもストレスがたまり、体のホルモンバランスが崩れている状態です。

生理中こそヨガを…心と体のリズムが整う効果の「太鼓橋のポーズ」7

そのような方にはむしろヨガをして頂いた方が良いといえます。

ヨガは必ず深い腹式呼吸によって行いますのでセロトニンと呼ばれる分泌量を増やすことが出来ます。

このセロトニンは気持ちを落ち着かせたり、精神的な安定感を感じることが出来るホルモンですのでむしろ体調や気分が軽くなり行った方が調子が良くなります。

スポンサーリンク

 

○日頃から貧血が気になる方は少し気を付けて

ただ、ヨガの種類の中には体勢が激しいポーズもありますのでそのようなポーズは避けた方が無難ということができます。

生理中こそヨガを…心と体のリズムが整う効果の「太鼓橋のポーズ」3

また、生理中にヨガを行う事で代謝が上がり経血量が増えてしまう場合もあります。

そのため、日頃から貧血が気になる方は少し気を付けておく必要があります。

特に最初のうちはどのくらい影響がでるか判断が出来かねますので、最初は控えめにするかお休みすることをおすすめします。

生理中の不快感やイライラを和らげるために取り入れるのは良い事ですが、必ず自分の体と相談しながらしましょう。

痛みを感じたり不快感が増すようでしたら、お休みをしてまた体調が戻ってから始める方がいいでしょう。

■最後に

生理中こそヨガを…心と体のリズムが整う効果の「太鼓橋のポーズ」1

このように、生理は人によってタイプが異なり個人差がありますので、どの人も生理中にヨガをした方が良いというわけではありません。

きちんと自分の体のことを考え柔軟な対応をすることが大切です。

スポンサーリンク