情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

ココナッツオイルの意外な欠点と選び方|単に飲むだけでは痩せない?

   

ココナッツオイルの意外な欠点と選び方|単に飲むだけでは痩せない?4

ココナッツオイルは今注目の食材です。

抗酸化作用が優れたビタミンEを多く含んでいるので身体の中や皮膚の老化を防いでくれますし、脂肪燃焼をサポートしてくれるのでダイエットにも最適です。

スポンサーリンク

 

■ココナッツオイルの意外な欠点と選び方とは?

○ココナッツオイルの欠点とは?

ただ、ココナッツオイルにも欠点はあります。

南国生まれのココナッツから採れるオイルだけに、体を冷やす作用が備わっています。

トマトやきゅうりなどの日本の夏野菜と同じです。

ココナッツオイルの意外な欠点と選び方|単に飲むだけでは痩せない?1

そのため夏場など季節を選んで使用するほうがよいでしょう。

灼熱の太陽から肌を守るサンオイルとして使用するのもおすすめです。

天然成分でできているため体質によっては何らかの拒否反応が起こる可能性もあります。

最初は少量から始めてみるようにしましょう。

美容やダイエット効果を期待するあまり、大量摂取すると逆にトラブルの原因となるなど欠点があります。

適量を心がけるようにしましょう。

○ヴァージンオイルの方がおすすめ

スポンサーリンク

 

オリーブオイルなどで耳にすることも多いでしょうが、ココナッツオイルにもヴァージンオイルと表記があるものとないものがあります。

表示がある場合は収穫後48時間以内の実を低温圧搾した100パーセント天然の未精製オイルということになります。

ココナッツオイルの効果を得るための選び方としてはヴァージンオイルの方がおすすめです。

ココナッツオイルの意外な欠点と選び方|単に飲むだけでは痩せない?2

添加物が含まれておらず、よいとされる成分がすべて含まれているので効果は抜群です。

ただ、圧搾しただけなのでなんらかの残留物がある可能性もあるという欠点もあります。

天然成分が強すぎて下痢などの症状を起こす可能性もあります。

逆に、表示がないものは精製オイルになります。

高温で精製され、漂白や脱臭などの処理がなされています。

マグネシウムやカルシウムなどの栄養素が取り除かれる場合もあるのは欠点です。

○ココナッツオイルの上手な選び方

ココナッツオイルは天然成分のままより精製するほうが保存できる期間が短くなってしまうので、できるだけ長く保存できるよう化学溶剤などを添加することもあります。

ただ、未精製のものに比べて安価で購入できるというのはメリットです。

お肌の状態や強さ・予算などに応じて選び方は違ってくるでしょう。

ただ、どちらのオイルでも遺伝子組み換えではなく組み換えがされていないココナッツから採れるものを選ぶなど、最低限の安全性については選び方に注意しましょう。

■最後に

ココナッツオイルの意外な欠点と選び方|単に飲むだけでは痩せない?3

またオイルである以上カロリーは高く、エネルギーに変わりやすいオイルではありますが、そのカロリー分は活動をしなければエネルギーが消費されることはなく痩せられないのです。

少し、頭の隅に残しておいてくださいね♪

スポンサーリンク