情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

婚約の発表や報告の順番は?心から祝福してもらうためのルール♪

   

プロポーズをして、結婚が決まったら、家族や親戚、職場の上司や同僚、友人に向けて結婚の報告をします。

婚約の発表や報告の順番は?4

しかし、「誰に」「いつ」「どのように」報告や発表を行えば、よいのでしょうか?

そこで、こちらでは、報告の順番や報告方法の内容などをご案内することにしました。

順序よく報告を行って、新家庭としての新たな第一歩を踏み出しましょう。

きっと幸せの花が咲き誇るはずです!

スポンサーリンク

 

■婚約の発表や報告の順番は?

○婚約発表

公の場で、婚約発表をするのは、二人の気持ちを周囲の人たちに認知していただくためです。

一般的には、結納がこれに当たりますが、ほかの方法もあります。

○結納以外の発表方法

神父・牧師の立会で、教会において誓約を行う婚約式や、家族・友人を招いて婚約を発表する「婚約パーティー」を結納式の代わりに行うこともあります。

婚約の発表や報告の順番は?7

また、男性から指輪を、女性から腕時計・ネクタイピンなどを婚約記念品として贈ったり、二人の連名で婚約通知状を出したり、セレモニー以外の方法もあります。

○婚約期間は結婚の準備期間

婚約期間中に、挙式、披露宴、新婚旅行の手配、新居の準備などをします。

婚約の発表や報告の順番は?1

新家庭のあり方についても、考えたいものです。

また、相手の家族とのつきあいは慎重にするように心がけます。

■上司や同僚への報告

○基本は業務と同じ

婚約をした場合には、職場の人への報告はどのようにすればよいか迷うものです。

友人の場合には、序列を気にしなくてもいいですが、会社の場合ですと、そうはいきません。

会社の規模により、若干の違いはあるにしても、基本は業務の報告と同じと考えましょう。

○直属の上司にまず報告

まず、直属の上司に話します。

結婚することが決まったら|結納とは?ケジメの儀式でメリットは大きい!5

ここが肝心なところなのですが、最初に話す人を間違えますと、後々職場の人間関係に影響が出ることがあります。

その上の上司に話すときには、直属の上司について行っていただく場合があります。

それ以上の役職が上の人へ、どこまで直接あいさつに行くべきかは、やはり、直属の上司と相談して決めるとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

○同僚へは一気に

同僚へのお披露目は、まず同僚の中で一番の年長者を選んで、相談することから始めます。

婚約の発表や報告の順番は?2

この場合には、親しい人を選ぶより、年長者を選ぶべきです。

そして、その人から、職場に伝わるようにするのがベストですが、職場の飲み会などで発表してしまうというのもひとつの手です。

この方法ですと、人によって伝わり方に早い遅いがなく、後で不満は出ません。

ごく親しい同僚に事前にいう場合には、口止めをしっかりとしておいてくださいね。

特に、同じ職場内での結婚は、男女のあいだで、話が伝わるタイミングを同じにしないといけないので、慎重にする必要があります。

【参考:婚約解消】

婚約解消を決めた場合には、まずは媒酌人に事情を話し、おわびを申し伝えます。

結婚式や披露宴の招待状を出したあとでしたら、来賓・世話役・友人など、結婚に関わってくれた人にもおわびをします。

事情にもよりますが、断ったほうが結納金を倍返し、結婚に関する費用やキャンセル料も全額負担するのが基本です。

話がこじれた場合には、媒酌人や弁護士など、第三者的立場の人に任せるのが得策と言えます。

■最後に

婚約の発表や報告の順番は?

各方面に対して、婚約の報告を行うのは、本当に大変だと思いますが、工夫をして、スケジュールを立て、抜かりなく報告しましょう。

しっかりと良いタイミングで結婚報告を行い、あなたのそばにおられる、たくさんの方々に心から祝福して頂きたいですね♪

スポンサーリンク