情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

置き換えダイエットの定番「リンゴダイエット」の正しい方法

   

少し前に流行ったリンゴダイエットは、定番の置き換えダイエットです。

ですが、正しい方法で行わなければ、健康にも美容にも、肝心のダイエットにもよくない影響を与えてしまいます。

スポンサーリンク

 

■置き換えダイエットの定番「リンゴダイエット」の正しい方法とは?

○朝リンゴダイエットがいいかも?

置き換えダイエットでは、正しい方法で行うことが大切です。

そのなかでも朝に置き換えダイエットを行う、朝リンゴダイエットは簡単でわかりやすいので、続けやすいです。

○朝リンゴダイエットの方法とは?

朝リンゴダイエットのやり方は簡単で、朝食にリンゴを1、2個を食べるだけ、という方法です。

置き換えダイエットの定番「リンゴダイエット」の正しい方法

ゆっくりと、よく噛んで食べることにより、満腹感を得ることができます。

飲み物はできれば常温のお水がいいのですが、カフェイン抜きのお茶ならばお水以外でも大丈夫です。

置き換えダイエットの定番「リンゴダイエット」の正しい方法5

また、リンゴは皮ごと食べるようにしておきます。

リンゴに含まれている食物繊維やポリフェノールは、リンゴの果肉よりも皮に多く含まれています。

なので、皮ごと食べることが大切なんですよ。

丸かじりしてもいいですし、皮ごとカットして、それを食べてもいいです。

自分が食べやすいように工夫をして食べるようにすると、置き換えダイエットも長続きしやすくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

○食事のボリュームを見直す

そして、リンゴダイエットのついでに食生活も見直してみるといいでしょう。

置き換えダイエットの定番「リンゴダイエット」の正しい方法1

食事のボリュームは、昼食よりも夕食を少なくする、というのが望ましいです。

夕食を食べ過ぎているというときは、まず、夕食を見直して、魚や豆腐、納豆といった低カロリーで栄養豊富な食材を取り入れてみるといいです。

それから、置き換えダイエットをしているときに注意しなければいけないのが間食です。

○アップルテトとは?

間食をやめるためには、アップルテスト、という方法があります。

方法は簡単で、間食が食べたいというときに、リンゴを丸ごと1個が食べられるか、と自分に問いかけることです。

置き換えダイエットの定番「リンゴダイエット」の正しい方法4

1個丸ごとが食べられそうにない、というときは、お腹が空いていないということなので、気持ちの問題です。

ダイエットのためにも我慢します。

逆に、食べられる、と思ったときは、リンゴひとつを間食として食べるだけにしておきます。

朝リンゴダイエットで注意する点は、必ず空腹時に食べるということ、それからりんごはよく洗ってから食べる、ということです。

無農薬のリンゴを購入すればいいのですが、なかなか見つからないときは、ワックスなどを取り除くための方法があるので、それを行ってから食べるようにします。

■最後に

3食をリンゴにしてしまうダイエットなどもありましたが、それは健康にも美容にもよくないので、必ず朝食だけリンゴにしておくとようにするといいです。

スポンサーリンク