情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

結婚の準備期間は半年前からでOK?新婚生活までのスケジュールとは?

   

一般に、結婚を決意してから、新婚生活までの結婚準備期間は、平均6カ月だそうです。

結婚の準備期間は半年前からでOK?1

ブライダルコーディネーターさんから聞きました。

まさに人生の華と言っても過言でない結婚準備期間を、お二人が揉めることなく、ラブラブな気分で締めくくり、そして幸せな新婚生活を送る

ための完璧なスケジュールとどのようなことを段取りすればいいのか、こちらでご案内したいと思います。

あなたのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

■結婚決意から新婚生活までのスケジュールとは?

○6ヶ月前から準備が始まる

結婚を決意しますと、だいたい6ヶ月前には次のようなことを決定して、行います。

①媒酌人と式場の決定

②披露宴の日取りの決定

③会社などの関係者への報告

④新居の報告

⑤健康診断

⑥婚約(結納)など

後になってあわてないように、細かいこともこの時期から考えて決めるようにします。

新しい家庭についての話し合いや心の準備も始めましょう。

結婚の準備期間は半年前からでOK?2

○3ヶ月前からあわただしく?

3ヶ月前にしておくことは次のとおりです。

①新婚旅行の手配

②結婚式・披露宴の招待客リストの作成

③式服の打合せと決定

④引き出物選び

⑤新居の決定

⑥新婚生活のプランニング

⑦休暇届(退職する場合には会社への退職届)の提出など

このあたりの時期は、かなりあわただしくなってきますので、準備することに漏れがないか十分に配慮することが大切となります。

結婚の準備期間は半年前からでOK?3

○2ヶ月前は具体的な注文と依頼

2ヶ月前にしておくことは次のとおりです。

①招待状の作成と発送

②媒酌人・主賓への挨拶

③スピーチの依頼

④披露宴の料理の決定

⑤引き出物の注文

⑥結婚指輪の注文

⑦ブーケ・コサージュなどの式の小物の注文と用意

⑧司会・受付・写真係・会計係・案内係など世話役の依頼

⑨披露宴の演出プラント余興の依頼

⑩新居の家具・調度品の購入など

この時期になると、具体的な注文や依頼の段階となります。

結婚の準備期間は半年前からでOK?4

○1ヶ月を切ると残された時間は少ない

1ヶ月前には次のことを行います。

①媒酌人に正式にあいさつに伺い、披露宴での新郎新婦紹介などのために二人の略歴を渡し、式次第や招待客・世話役などについても詳しく説明します。

②司会者に披露宴の進行表と招待客の資料を渡します。

③お祝い返しの品の選定

④荷物送りを行う場合には荷物送りの準備など。

いずれも残り時間がないので確実に準備するように心がけます。

結婚の準備期間は半年前からでOK?5

○半月前はまったなし!

スポンサーリンク

 

半月前にすることは、

①新居の掃除や水道・ガス・電気・電話・新聞などの手配をします。

②返事の遅れている招待者への確認

③披露宴の席次の決定

④遠方の招待者の交通機関と宿泊の確認

⑤戸籍謄本・婚姻届・転居届など必要書類の用意

⑥新婚旅行のスケジュールや手配の確認

⑦新婚旅行のおみやげが必要な人のリストアップなど

もう待ったなしの時期となります。

結婚の準備期間は半年前からでOK?

○1週間前はかなりの仕事量です

1週間前にすることは、

①当日の必要品の用意

②新婚旅行の用意

③写真係との打ち合わせ

④挙式・披露宴の出席最終確認

⑤祝儀袋と新札の用意

⑥披露宴の司会者や世話役と進行の打ち合わせ

⑦式場との最終打ち合わせ

⑧新居への引越し後の手土産手配

⑨式服と化粧のリハーサル

⑩美容チェック

⑪ご近所への挨拶回りなど

かなりの仕事量が待っていますので、あわてずに確実に行いましょう。

結婚の準備期間は半年前からでOK?6

○前日はゆっくりと

前日は、家族と夕食をとってゆっくりと入浴し、十分な睡眠を取ることです。

この日にするのは心の準備だけにしましょう。

■最後に

人生において、これまでにはない、最も濃密な時間と言っても過言ではない新婚生活までの期間を、段取りよくパーフェクトに過ごすことができたら、それはきっと華やかで、幸せな毎日となるはずです。

幸せな二人のマイルストーンにしていただけたら幸いです。

あ、それと大切な家族へのあいさつも忘れないでくださいね♪

スポンサーリンク