情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

結婚式の司会者の打ち合わせや気をつけることは?これで世話役はOK!

   

司会者という世話役は、その仕事ぶりによって、挙式・披露宴の進行に多大な影響を与えてしまいます。

結婚式の司会者の打ち合わせや気をつけることは?3

できれば、新郎新婦はもちろんのこと、司会者としてのあなたが思い描いた挙式や披露宴にしたいと期待しますよね。

こちらでは、世話役として、司会者を頼まれた場合に役立つ、「気をつけておきたい5つの事」をお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

■結婚式の司会者の打ち合わせや気をつける「5つのポイント」!

○1番目は、十分な打ち合わせを

披露宴をのごやかなムードで、スムーズに進行させるのが司会者の役目ですよね。

当日は、招待者の側に立って来賓をもてなします。

そのために、事前に列席者の顔ぶれや、本人・ご両親の意向などを聞いておき、十分な打ち合わせをしておくことが重要です。

結婚式の司会者の打ち合わせや気をつけることは?1

媒酌人にも、紹介をしてもらって、アドバイスを受けるのもいいかも知れません。

式場側の担当者とも打ち合わせておきます。

その際、進行表の作成も綿密に行います。

○2番目は、分担を決める

司会を依頼されるのは、新郎の友人で男性の場合が多いようですが、最近は、新郎の友人と新婦の友人とを1名ずつという男女ペアのケースも増えているようです。

結婚式の司会者の打ち合わせや気をつけることは?4

事前に、メイン司会者、サブ司会者というように、分担を決めて、一人が進行上、必要な言葉や挨拶を述べ、もう一人がスピーチをする来賓の名前を告げたりするのもよいでしょう。

サブに回る場合にも、アシスタントだからといって、相手に任せきりににしないで、助け合ってやるようにすることが大事です。

○3番目は、司会者として気を抜いてはいけない

披露宴では、お色直しのあいだにスライドを写したり、生演奏があったりと、さまざまな演出がなされます。

その司会をそつなくこなすために、一瞬たりとも気を抜いてはいけません。

結婚式の司会者の打ち合わせや気をつけることは?2

この日は、食事ができないと思って、事前に食べておくこと。

式場側の係りに、演出内容を伝えておくことも忘れずに。

スポンサーリンク

 

○4番目は、会場には定刻の2時間前に到着

会場には、定刻の2時間前には、到着しておくようにします。

結婚式の司会者の打ち合わせや気をつけることは?5

会場についたら、新郎新婦の控え室に行き、お祝いを述べてから準備にかかります。

受付にいて、スピーチ予定者に順番などの確認をしておくといいでしょう。

○5番目は、明るく、品良く、なごやかに

司会者にとって、大事なのは、第一声です。

落ち着いて、さわやかな笑顔とはきはきした言葉遣いで司会をします。

たとえ、言葉につかえたとしても、明るく、品良く、なごやかに宴を進めることを心掛ければ大丈夫です。

○披露宴のモデルプラン

補足として、披露宴の進行のモデルプランを紹介しておきます。

①新郎新婦入場

②司会開宴挨拶

③媒酌人挨拶

④主賓祝辞

⑤ウエディングケーキ入刀

⑥乾杯

⑦お色直し

⑧新郎新婦再入場とキャンドルサービス

⑨祝辞・余興

⑩祝電披露

⑪花束贈呈

⑫両家代表謝辞

⑬司会閉会挨拶

【参考:司会者は名前の読み方には注意!】

人の名前を間違えるのは本当に失礼にあたります。

事前の打ち合わせの中で、媒酌人や両親・親族、祝辞や乾杯の音頭をとる方の名前の正式な読み方を確認しておきましょう。

たとえば、「幸子」は「さちこ」なのか、「ゆきこ」なのか、しっかり聞いておきます。

また、アクセントなども気にする方もおられますので、当日は早めに会場に入り、受付や控え室などで本人に会って、確認するようにすると良いです。

■最後に

「新郎新婦にイメージを話して頂く」と申しましても、あうんの呼吸で司会者に伝わるものではないです。

披露宴のモデルプランを十分に理解して、各手順を絡めると、頭に入りやすいので、こちらでお話しました「気をつけたい5つのポイント」を踏まえて、新郎新婦や会場関係者と打ち合わせを行うと、上手く進行すると思います。

スポンサーリンク