情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

虫垂炎の初期症状!右下腹部に痛みが本当に襲うの?

   

『ココの痛み!ひょっとして、盲腸かもしれない?』

どんな人でも、いっぺん位はこのように、慌てふためいたできごとあるはずですよね。

何よりも、右下腹部のあたりに、痛みに襲われると、さしあたって、盲腸を怪しまれる方だって、少なくありません。

ところが、現実の痛さの発症の多寡は、ほんの少し、異なってくるんだそうです。

そういう訳で、虫垂炎の初期症状として、痛みが起こる箇所と、探知テクニックをご案内します。

しかも、似通っている箇所とか、痛みを伴う際には、これとは別にどういった病気の可能性が高いのか、あわせて、確かめていくことにします!

スポンサーリンク

 

■虫垂炎の初期症状と言うのは?

虫垂炎の内容を、盲腸と言う方だって、たくさんおられますが、正式の呼び方とされるのは、「急性虫垂炎」というものです。

虫垂炎の初期症状!右下腹部に痛みが本当に襲うの?2

実際のところは、慢性虫垂炎も見られると聞きましたが、想像以上に、滅多に無い病気だそうなので、ここでは、虫垂炎=急性虫垂炎としたいと思います。

ここで虫垂炎と申しますのは、盲腸の先っぽに位置する虫垂と呼ばれる内臓が、炎症を引き起こした状況でのことを意味します。

どうして、虫垂ですが炎症をもたらすかについては、未だ明確な理由は、判明しておりません。

こんなにも知名度の高い虫垂炎(盲腸)を招く原因が、解明されていないなんて、予想外でした。

私など、まだ小さかった頃に、スイカの種を丸飲みすると、盲腸が起こるよって、両親から何度も聞かされましたですが、驚きですが、関わりが見られなかったんですね。

虫垂炎の初期症状!右下腹部に痛みが本当に襲うの?

また、気掛かりな初期症状なんですが、実際は、『これこそ、虫垂炎!』っていう、類を見ない病状を挙げることが出来ます!

その特性については、意外にも、痛みが動きを見せることなのです!

虫垂炎になったとしても、右下腹部に痛みが出るというのは、実際は、後の方となります。

現実には、 みぞおちのあたりが、痛んできます。

人それぞれですが、へその周辺に、痛みが襲うかたもおられるようです。

そのうちに、12時間から24時間にかけて、ジワジワと下へ痛みが転々とします。

そうして、結果として、右下腹部で、凄まじい痛みが訪れるのです。

医学的には、虫垂炎できついポイントは、おへそと、足のつけ根になる腰骨とを、直線で結んだとしまして、その中心サイドから、若干、おへそ寄りとなります。

痛みを言い表せば、チクチクしたような痛みよりスタートします。

それから、キリキリとなって、いきなり、ズキズキ痛くなって、夜間も寝付けないような苦痛に変化します。

痛みを除いた病状については、

・発熱

37.5度から38度くらいの微熱が見られます。

ただ生じないかたも、いらっしゃいます。

・嘔吐

食欲が消え去って、吐き気を催したり、嘔吐してしまう場合だってあります。

・下痢

重症な、下痢に陥る場合もありますが、個人個人によって差は存在します。

まれに、便秘がもたらされる人だっているそうです。

痛みが動くと、虫垂炎の可能性があると、考えられますね。

それ以外に、『虫垂炎かもしれない?』と、感じたシーンでの、ジャッジ方法が見られますので、このあとご提示します!

■虫垂炎の調べ方って?

虫垂炎か否かは、クリニックで検査していけば、すぐさま判明することは、理解しています。

けれども、叶うなら、医者に診察して貰う前に、心積もりをしていきたいというあなたのことを考えて、シンプルな虫垂炎のリサーチ方法ですが、ご説明痛いと思います。

スポンサーリンク

 

・かかと落とし検査法

両足のかかとを上げて、つま先立ちを行ないます。

例えると、バレリーナといった風な立ち方だと言えますね。

そうして、浮かせたままの状態のかかとを、ストンと、床面に引き下げます。

これの打撃で、右下腹部が響き渡るかのように、痛みに見舞われると、虫垂炎と考えてよさそうです。

・押して、離す検査法

申し訳ないですが、検査の呼び方についてはわたしが名付けましたので、気に留めずにいていただきたいです。

こちらの検査の方法もシンプルで、右下腹部の痛みが深刻な箇所を、指を使って押します。

それから、いきなり外してみてください。

そうすると、押し付けても痛みがあって、離終わった後のほうがなおさら、痛みを伴うとしたら、虫垂炎という見方ができます。

ここまでは、虫垂炎のシンプルなジャッジ手法を、お話ししたのですが、結局のところ、クリニックへ、足を運ぶ直前のあなた自身での見立て用となります。

驚くことに、虫垂炎の自分で感じる症状については、個人個人でも違ってくるのです。

おなか等が、痛くて、不安に思う際には、例外無く医者に出向きたほうがいいでしょうね。

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて! 4

たとえ、虫垂炎とは異なる場合でも、似たような箇所とか、病状であっても、これ以外の病という見方もできます。

だとすれば、どういった病気があるかについても、確認しましょう。

■これ以外の病気の可能性は?

虫垂炎と、似通った病は様々見られますが、その中でも、よく見られるものは、 大腸憩室炎 (だいちょうけいしつえん) 大腸の壁にわずかな隙間が生じて、膿のようなものが蓄積して、炎症を発生させます。

虫垂炎に相当する右下腹部に痛みが出るようなので、見誤られるケースが少なくない病だと言えます。

尿管結石 尿管結石も、下腹部に凄まじい痛みを、伴う病でございます。

下腹部にズキズキ、キリキリする猛烈な痛みが付き物で、吐き気に加えて嘔吐してしまう人だっていらっしゃいます。

血尿が出て来ると、虫垂炎とは違って、尿管結石のきらいがあるかも知れない…。

これ以外に、婦人のケースでは、卵巣などが炎症を発生させても、右下腹部に、痛みをもたらすケースもあります。

体質によって、便秘が酷い時であっても、遜色なく、右下腹部に痛みに見舞われる例がありますので、確かに多種多様病を挙げることが出来ます。

■最後に

虫垂炎の初期症状に関して、お話ししてまいりましたが、結論として締めくくるなら、 動きを見せる痛みの場合。

右下腹部が、響き渡って痛いケース。

押すのと比べても、離してからのほうが痛いシーン。

こういった、痛みに見舞われたら、ためらうことなくクリニックへ!

虫垂炎は、早い段階での発見・早めのケアが求められますよ!

スポンサーリンク