情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて!

   

インフルエンザの予防として効果的だというのが、ワクチンの予防接種でしょう。

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて!

シーズンが到来すると、インフルエンザの予防接種をやって貰おうと考えた際に、あなたが不安になるのは副作用のはずです。

インフルエンザにかからないことを目的に、予防接種をしてもらったのに、副作用のせいで苦しい気分になるのは避けたいに違いありません。

では、インフルエンザの予防接種の副作用というものは起こり得るものなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

■予防接種の副作用って?

私は経験したんですが、あなたは、インフルエンザの予防接種を行った際に、注射を打った部分が赤く腫れたことはなかったですか?

実は その症状は、予防接種の副作用(副反応)だということです。

先程も申しましたが、わたしが予防接種をして貰った際にも赤く腫れたのです。

このように、注射跡が赤くなるとか、腫れ上がったり、痛痒くなりますのは、副作用の典型的な物理現象になります。

こういった物理現象については、インフルエンザワクチンに向けて、自分の身体がキチンとリアクションしてもたらされるので、免疫となる抗体が生まれつつある裏付けなんです。

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて! 5

いずれの現象も大したことない状況が大半で、2、3日の範囲内で収まります。

それ以外には、発熱、頭痛、全身の倦怠感あたりも副作用の物理現象という形で現れるようです。

ただ こちらの症状に関しては、ワクチンとは繋がりがない風邪症候群のケースも見られますので、一まとめにして副作用とするのは異なりますが、2、3日で和らぐ傾向があります。

概してインフルエンザの予防接種を受けて、こういった副作用が生じるパーセンテージは、 10~20%だそうです。

10人に対して注射するとなると、1人或いは2人については副作用に見舞われることが起きます。

大多数の副作用ですが、いましがた申し上げたみたいな軽症と考えて、 3日程度の中で鎮まるといったような現象のみです。

■こういった症状だと用心

インフルエンザのワクチンですが、不活化ワクチンと呼ばれて、ウイルスを科学処置してあって感染性というものはございません。

ですから、予防接種を行ったことがきっかけとなり、インフルエンザを、引き起こされることなどありません。

ほとんどは、何と言いましょうか、ノーマルな適応で一過性の副作用が見られる程度ですが、稀なことなのですがかなりひどい副作用が生じるケースがあります。

こういった現象が発生したケースでは気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

 

○注射跡の腫れが広範

一般的には、注射跡が赤く変化したり、炎症を起こしたりするのは、きわめて狭小な範囲内となります。

けれども、なかには広範囲にわたって腫れあがる方がいらっしゃいます。

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて!1

腫れが肘や肩をオーバーするケースになると、ワクチンに関して、度が過ぎるアレルギー反応のきらいがあることから、ためらうことなくドクターで診察して貰ってみてください。

○呼吸が大変になった

息づかいがつらくなってしまったり、じんましんが現れたり、意識の度合いが落ちる、嘔吐とか吐き気といった異常が、出てきたらお気を付けください。 アナフィラキシーという見方もできます。

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて!54

アレルギー反応が原因で起こる症状で、予防接種の、直後から30分以内で急激に進行します。

アナフィラキシーというのは、インフルエンザワクチンのみならず、ほぼすべての薬の副作用として列挙されているはずです。

アナフィラキシーとは、アレルギーの過大反応が影響を及ぼしています。

あなたは、スズメバチに2回刺されれば生命の危機にさらされると聞かされたことはありませんか?

あれはスズメバチの毒素に関して抗体が生じて、2回目に刺された際に、過大反応に陥って、下手すると死に至るのです。

これこそがアナフィラキシーだそうです。

インフルエンザワクチンであろうとも変わることなく、アナフィラキシーに見舞われるケースがあります。

とりわけリスキーな方が卵アレルギーの人でございます。

ワクチンをつくりあげる最中に鶏の卵を利用するようですので、原料として鶏卵のタンパク成分ですが残存しています。

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて!3

卵の成分によって過去にアナフィラキシーショックを招いてしまった経験がある方は予防接種をしないことが賢明です。

○両方の手両方の足に力が入ってこない

手足にパワーが出ないとか、呼吸が妨げられると、ギランバレー症候群の可能性が高いです。

これは、 接種が過ぎた後1~3週間以降に問題が現れてきます。

ギランバレー症候群に陥ると、手足が痺れて感覚が消え失せ、息づかいが苦しくなって、呼吸困難に見舞われるかもしれません。

時間を費やせば治癒するケースがけっこう多い疾病なのですが、神経内科といった専門の診療による治療が必須です。

インフルエンザ予防接種の副作用とは?こんな症状には気をつけて! 4

もしも、予防接種が過ぎてから1~3週間のちに手足の痺れを覚えたなら、神経内科で診察をして貰うべきです。

■最後に

どのようなワクチンとか薬でも、いくらかの副作用が見られると聞いています。

その意味では、インフルエンザの予防接種は勿論、副作用は存在しますが、一過性で軽い現象が大半ですね。

そうは言っても、耐え難い副作用に襲われることだってあるわけで、現実的に死亡例も見られるのです。

腫れとか痛みが重症のケースやじんましんといった変調が現れたのなら、あなた自身が見極めることはしないで、すぐにクリニックに足を運んだ方がいいでしょう。

スポンサーリンク