情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

はとバスで初めての東京観光はスカイツリーの半日コースが最適!

   

バスを利用してチェックポイントを観光して回り、満喫しながらお料理だって十分に体感できて、その上、おみやげとかももらえる団体ツアーと評判の「はとバス」。

コストパフォーマンスも良く短時間で行きたいところが回れるので、時間にも予算にしても制限されているといった人だって中身の濃いひとときが送れると思います。

そういうはとバスツアーはどういった所を巡回するコースが理想的なのでしょうか?

はとバスでとっておきの東京観光として、人気のコースを時間的にゆとりのあるワンデイタイプもあるのですが、こちらでは、制約された時間の範囲内で満喫する半日タイプのコース、当日のお申込みに関してご案内したいと考えてます。

時間にもご予算にしても制約があるといった人、スケジュールがあるけど手が空いた際を効率的に利用したいといった人にイチ押しであるのが半日観光なのです。

スポンサーリンク

 

■はとバスツアーの概要

朝方スタートのタイプは、正午過ぎには終わるので昼以降の時間が使えると思いますし、時間帯のバリエーションに富んでいるようなので、ご自身の都合が良いときに決めることが叶うことは素敵な点です。

加えて、夜景を満喫する夜間のコースも用意されているため、会社帰りの人だってたっぷり遊べそうですよね。

何と言っても「東京スカイツリー」はデカイ!高い!最高だ!を身近で目にしないことには東京観光は始まらないと言えます。

こちらの展望デッキは迫力の見晴らしで圧倒的ですよ。

またその下街角で昔からの店のお味というと「牛なべ」や「天麩羅」です。

こちらのツアーで天麩羅を頂きたい方は水曜日に申し込まれると賢明でしょう。

これ以外の日はお肉びいき様是非ともです。

一方で、「東京スカイツリータウン」は都心部と下町を繋げる東京の新しい象徴。

その中には東京スカイツリーを中心にショッピングスポットである商業施設「東京ソラマチR」、水族館、ドームシアターなどがひしめきます。

「東京ソラマチR」は、ファッションや雑貨・食品・スイーツ・フードコートなど全312店舗で成り立っています。

はとバス 東京観光 半日コース スカイツリー2

古きよきものを大切にしつつ新しさを加えた、下町のぬくもりや望郷感が感じられる、アットホームな雰囲気を持つ商業施設です。

東京スカイツリー天望デッキは、世界一高いタワーの展望台でその高さは350メートルです。

すり鉢状の形をしていることから、足もとに広がる下町の景色が見やすくなると同時に、夕方や夜には室内の照明などがガラス面に映りこみにくくなり、室内からの眺望もクリアに見えます。

スポンサーリンク

 

NO1.東京スカイツリー天望デッキ(350m)入場付の短時間コース!

はとバス 東京観光 半日コース スカイツリー1

はとバスなら団体専用口からスムーズに入場。

お時間が限られた方でもお気軽に安心してご参加いただけます♪

予定を合わせやすく午前と午後、1日2便運行!

【料金について】

大人 4,980円中高生(12-17歳) 4,540円 4歳以上(4-11歳) 2,400円

【発 着】

新宿駅8:30発・東京駅9:10発 東京駅のみ12:50着予定

【食 事】

なし

【見 学】

靖国神社、銀座・皇居・国会ドライブ

NO2.夕暮れ&夜景の展望を楽しむ・夜のコース

幻想的な東京スカイツリーのライティング。

はとバス 東京観光 半日コース スカイツリー3

江戸紫をテーマカラーとし、金箔のようなきらめきのある「雅」と、隅田川の水をモチーフとした淡いブルーの「粋」。

2種類のライティングが一日ごとに繰り返されます。東京の夜景の新しい彩をそえることでしょう。

【料金について】

大人 4,980円中高生(12-17歳) 4,540円 4歳以上(4-11歳) 2,400円

【発 着】

東京駅 14:00発/17:40着予定

【食 事】

なし

【見 学】

靖国神社、銀座・皇居・国会ドライブ

■最後に

やっぱりスカイツリーに行かなくちゃ! 周辺も何だかおもしろそう! そんな人におすすめのコースは、東京スカイツリーの展望デッキへ並ばずにはいることができます。

昼食は浅草の老舗名店へ。

そのあとは浅草の散策と隅田川川下りで、外側からスカイツリーを堪能してみてくださいね♪

スポンサーリンク