情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

はとバスの東京観光の達人、二階建てバスが感じる東京の魅力とは?

   

東京都内で暮らしている方にとっては、1回くらいは目にした経験があることが当然の「はとバス」。

はとバス 東京観光 半日コース スカイツリー4

その日の申込であろうとも乗車できちゃう使いやすさがあって、有名スポットをしっかりいざなってもらえる、「東京都に興味のある人」にちょうどいい頼りになる力強い味方となります。

今年の春に出て来られる方や、以前より都内で住んでいる人だって、乗車してみますとこれまでにない東京というものに出会えると思うんです。

そういうわけでこちらでは、はとバスに関して、二階建てバスで感じ取る東京見物のお馴染みのツアーをご紹介したいと考えています。

スポンサーリンク

 

さしあたって、「東京都内を理解するつもりなら、何はともあれここの所」とでもいうべき、お決まりのツアーなんですが、 私見なんですが、「『東京半日Aコース』を楽しみませんか。

時間をかけず、東京の有名スポットとされる浅草・皇居・東京タワーを周遊する事が可能です。

一日に付き5便運転されているはずなので、スケジュールに応じて乗車できちゃうことだってうれしい所ですね。

なるほどひとまずは足を運びたいポイントばっかりですね!

これとは別に、近頃話題のツアーとしてどういったものがあるでしょうか?

実は『2階建てオープンバスで出かける TOKYOパノラマドライブ』が好評です。

毎日(3/19~4/10まで) テレビや雑誌で人気を集めている2階建てオープンバスに乗ってみたくて、実感してきたのです!

このはとバスの2階建てオープンバス「’O Sola mio(オー・ソラ・ミオ)」はちょっと見、どこにでもあるような2階建てバスですが、驚くなかれ屋根が一切無いのです!

ここで乗車していもらうのは、屋根を持っていない2階建てバスですから、視界が360度の眺望と遊園地のアトラクションと勘違いするようなスリル感を満喫できます。

街並みを駆け抜けると、よく見られるバスでは感じ取れない木々の芳しさあるいは通りの風のざわめきや響き、日ざしなどがじかに肌を以って感じ取れますよ。

1時間のドライブコースとなっており、気兼ねなくご乗車して下さい。

また、「ベストビュードライブ 東京スカイツリーR」は東京スカイツリーRをてっぺんから足元まで眺めることができるのです。

東京の新ランドマークはダントツの存在感だと言えます。

東京スカイツリーの脇を通り抜ける際には知らず知らずに拍手とか歓喜の声が高くなります。

この他には、新宿駅前からスタートする「ハイアングルTOKYOシティ」は、新宿の高層ビル群が舞い降りてくるといったイメージです。

スクリーンのワンシーンかのような景観が大好評!ロマンティックな気持ちになれちゃうのが「極まるTOKYO夜景」です。

バスの中から眺める街並の夜景と、お台場大観覧車から目に広がる夜景が対称的でファンタジー的です。

いずれのコースも時間をかけませんが、充実レベル◎でいちおしですよ。

GPSを活用することで、バスの運行に沿ったリアルタイムな音声ガイドが便利で重宝します。

この音声ガイドですが、英語・中国語・韓国語・スペイン語・タイ語フランス語・インドネシア語・日本語で耳にすることが可能で、外国のお客さまにだって一押しのシステムと言えます。

開放感を醸し出す2階建てオープンバスを通じてあらゆる国の人達にTOKYOの素晴らしさを発信します!

NO1.TOKYOパノラマドライブ(レインボーブリッジ&銀座)

2階建てオープン(屋根なし)バス「’O Sola mio」でドライブ!

はとバスの東京観光の達人、二階建てバスが感じる東京の魅力とは?1

東京の観光スポットを疾走する、オープンバス人気NO.1のプランです。

約1時間ほどの爽やかなドライブをご堪能ください。

東京タワーとか銀座、虎ノ門ヒルズであったり東京都内の有名スポットを駆け回ります。

取りわけ、海をまたぐレインボーブリッジサイドからの見晴らしは極めつき!

まるで空を羽ばたいているような体感をぜひともご経験いただきたいです!

【コース】 日比谷公園 = 霞ヶ関 = 国会議事堂= 虎ノ門ヒルズ= 東京タワー =レインボーブリッジ = お台場 =築地 = 歌舞伎座 = 銀座

【料金】  おとな 1,800円  こども   900円

【運行日】  毎日(3/26~4/3運休)

NO2.ベストビュードライブ

東京スカイツリー 車窓から、高さ634Mの”圧倒感”東京スカイツリー(R)や浅草周辺の趣きを味わいませんか。

はとバスの東京観光の達人、二階建てバスが感じる東京の魅力とは?1jpg

【コース】 —– 月曜日~土曜日 —— 首都高(宝町~上野)= 浅草・雷門 = 隅田川(言問橋) = 東京スカイツリーR = 上野駅 = 秋葉原 —– 日曜日 —— 日本橋 = 浅草橋問屋街 = 浅草・雷門 = 隅田川(言問橋) = 東京スカイツリーR = 首都高(上野~銀座)= 歌舞伎座 = 銀座

【料金】  おとな 1,800円  こども   900円

【運行日】  毎日(3/19~4/5運休)

NO3.ハイアングルTOKYOシティ

(旧:東京摩天楼) 新宿高層ビル群の真っただ中を疾走するドライブという点は圧巻です!

はとバスの東京観光の達人、二階建てバスが感じる東京の魅力とは?2

【コース】 新宿高層ビル群 = 東京都庁 = 代々木公園 = 明治神宮 = 表参道 = 青山 = 迎賓館 = 四谷見附

【料金】  おとな 1,800円  こども   900円

【運行日】  毎日(3/19~4/10運休)

スポンサーリンク

 

NO4.極まるTOKYO夜景

バスで周遊する東京の夜景。

はとバスの東京観光の達人、二階建てバスが感じる東京の魅力とは?3

眩しいほどにきらめく街並は一度はご覧あれ。

夜風になびいて、不夜城の街TOKYOを感じ取ってみるのもいいと思います。

お台場だと大観覧車乗車付です。

【コース】 新宿高層ビル群 = 東京都庁 = 代々木公園 = 明治神宮 = 表参道 = 青山 = 迎賓館 = 四谷見附

【料金】  おとな 2,900円  こども 1,710円

【運行日】  毎日(3/26~4/3運休)

【出発時間】 18:30

NO5.東京さくら回廊

屋根なしオープンバスならばこそ!

はとバスの東京観光の達人、二階建てバスが感じる東京の魅力とは?4

桜の花びらが満ち溢れているときに乗車できると、桜のトンネルに手が届き易い間隔。

特に 19:00発ですと、イルミネーションの時期とかち合うと、メルヘン的な夜桜を味わえます。

【コース】 北の丸公園(皇居のお堀に咲く桜)靖国神社(東京桜名所の代名詞)外堀通り(お堀沿いの桜並木)千鳥ヶ淵(桜のトンネル)

【料金】  おとな 1,800円  こども   900円

■最後に

街それぞれにバラエティに富んだ風貌が見られる東京。

ここへ来て、全世界の大都会に紛れて「TOKYO」がその仲間入りをしていることは、今となっては当たり前の様になっているかと思います。

今年の春より東京での暮らしをスタートさせる人については、何はともあれ「はとバス」を通じて東京を理解し、より一層ワクワクした感覚で新たなライフを開始してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク