情報のコンビニの館

暮らしのお役立ち情報を紹介しています

*

太っていなくても肉割れやセルライトができる理由とは?遺伝&体質?

   

肉割れやセルライトが出来るのは太っているのが原因だ、そう思っている人も少なくありません。

太っていなくても肉割れやセルライトができる理由とは?

確かに太っているとお腹がお尻、肩や背中、後は腰などに白い線、赤い線が出来ます。

これは急激な体重の増加によって贅肉が付いた部位の皮膚が引っ張られてしまう事が原因となっています。

皮膚自体には伸縮性があるのですが、その伸縮性以上に伸ばそうとしてしまう時に白い線、赤い線が出来、それを肉割れと呼ぶのです。

スポンサーリンク

 

■太っていなくても肉割れやセルライトができる理由とは?

○セルライトができる理由とは?

予防する為には皮膚を出来るだけ保湿して、伸縮性に富む状態にしておく必要がありますが、なかなかそれが出来ないので各部分に線が出てしまいます。

また一度できた肉割れは薄くなる事は有りますが、消える事はまず有りません。

太っていなくても肉割れやセルライトができる理由とは?4

セルライトは運動不足や喫煙習慣などが原因となっています。

勿論太っている時にも出来ます。

○セルライトは太っていなくてもできる?

こうして見てみると、太っている時には肉割れも起こすし、セルライトもできるのではないかと思う人も少なくありません。

しかし実際には太っていなくてもできます。

その一つが代謝の低下です。

太っていなくても肉割れやセルライトができる理由とは?3

実は代謝が低下してしまうと、肌に必要となる栄養素が届かなくなってしまう為に徐々に肌が乾燥して行ってしまいます。

その為、肌には水分が無い状態になってしまい、結果的に肉割れやセルライトが出来てしまいます。

また見た目では太っていない人でも、実は体脂肪率が高いと言う事は決して珍しくありません。

この様な状態の場合も、肉割れやセルライトが出来る理由となります。

従って、太っているか痩せているかという事が理由ではないと言う風に理解しておきましょう。

スポンサーリンク

 

○遺伝が原因?

また遺伝するのかという事を考える人もいますが、これに関してはその可能性は十分あると言えます。

まず一つ、体型と言うのは遺伝する事が多いからです。

○体質が原因?

また体質も大きく影響する場合があり、もともと筋肉質の人に比べると筋肉量の少ない人の方がどうしても代謝が低下しやすいので、このようなトラブルが起きてしまう理由となります。

ただこうして理由が分かっているのであれば、後は解消するだけで良いと考えることもできるでしょう。

太っていないのに肉割れやセルライトが出来ている場合は、代謝がかなり落ちている可能性があると言う事です。

従ってまずは運動をして体を良く動かす事、筋肉を付ける事が重要です。

■最後に

また酵素などを定期的に摂取して体内から自然に代謝アップを図る努力をしても良いでしょう。

またその時は出来るだけ肌を保湿する事を忘れずに行うと、より効果を感じやすくなるでしょう。

スポンサーリンク